fuji-kengamine-2013-10-7

続・御中道への挑戦① (富士宮口五合目~宝永山馬の背)

2019.10.20 富士宮口五合目
続 御中道への挑戦 2019-10-20 009

 富士山を三回以上登った者だけに歩く事を許されるという御中道。

その挑戦権を持つ私と伝助は、去年の11月2日、一泊二日のテント作戦を考案しw挑戦しましたU*`д´*Uノ”ぉぅ!

しかし、最大の難関だと思っていた大沢崩れの後に続く更なる沢越えに手こずりヽU*´д`*Uノ

雪の飛び交う氷点下の山中で、岩陰に身を寄せて氷柱を齧って喉を潤しながら一夜を明かし、

遭難スレスレで(遭難したとも言う。)富士宮口五合目に命からがら生還を果たしました。

 あれから約一年。。。迷いもありましたが、せっかく半分まで到達した御中道なのですから、

一回では無理でも、半分ずつでも足跡を繋げて達成してやろうと、再びあの続きをしにやってきたのでありました!

本日のコースです。
富士山御中道地図2019.10.20 ①

 オレンジの矢印が、前回の富士スバルライン五合目から大沢崩れを経て富士宮口五合目まで歩いたルートです。

今回はその続き、青い矢印のルートの方のルートです。

 パッと見た感じ、半分といっても、こちらの方が単純に距離は短く見えます。

しかも、間に何も無かった前回に比べて、こちらは間に登山道が2本走っているのでなんだか安堵感もあります。


沢の地図
御中道 沢①


 そして一番気になる沢の地図です。

前回の左半分は、無数の沢に阻まれ非常に苦労して、あわや遭難にまで追い込まれましたが、

今回行く右半分を見る限り、チョロチョロっとしか沢がありませんヾU*^ェ^*Uゝ

まぁ~多少の苦労はあるでしょうが、幾ら遅い私でもw今までの経験からこれくらいなら難なくこなせるでしょう♪

なので、一番初めの宝永山を登る辺りが本日の最大の難所になるかもしれません^^


AM6:23 富士宮口五合目 出発!
続 御中道への挑戦 2019-10-20 011

              愛犬 伝助 号 7歳10ヶ月 

 昨夜の深夜23時30分に我が家を出発して、3時45分頃到着して少し仮眠を取れました。

史上最大の台風19号は、日本のあちこちに災害の爪跡を残して去っていきましたが、

一週間後の今日は、富士山スカイラインも木々や小石が散乱していて、まだ荒れている所も多々ありました。

それでも意外と駐車場には車が止まっていて、明るくなるのと同時に登山者がワサワサと登って行っています。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 014

 さ!うちも行くぞ!まずは六合目を経て宝永山だU*`д´*Uノ”ぉぅ!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 017

 麓の気温は14度、念の為に冬の備えも持ってきていましたが、五合目もそれほど寒くは無かったので軽装で行きます。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 018

 もっと早くに来たかったのですが、10月に入ってから週末の度に雨模様が多く、様子を伺っていたのですが、

これ以上遅らせると、また去年の様にどんどん寒くなって日も更に短くなるので、

降水確率30%でしたが、富士山天気予報では登山には適している!と晴れマークだったので決行に決めました!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 020

 山の天気は難しく、富士山は上と下、

表と裏では県を挟んで予報が何時も違うので、三つも四つもチェックしなくてはなりませんw 

続 御中道への挑戦 2019-10-20 022

 麓は雲海に覆われています。そして私達の頭上にも雲が広がって、その間から太陽が顔を出そうとしています。

富士山天気予報を信じて、雨が降らない事を祈るばかりです。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 032

 今日は少し仮眠が取れたけど・・・伝助君はちゃんと寝たのかな?

もう道中車の中で興奮気味で、目をまん丸にしてずっと前を見ていましたから^^;

続 御中道への挑戦 2019-10-20 033

 伝助が見ている方向、大好きな富士山♪犬だってちゃんと要所要所で景色を眺めているんですよ!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 035

 そして今日はお仕事!伝助にも再びリュックで水のペットボトルを2本運んでもらいます^^

念には念を入れて、今回は遭難してもwまだ氷柱はないでしょうから^^;命の水です!大事な大事な仕事です!w

今日はゴム靴も前回より多めに持参し、こまめに靴を履き替えさせて行くつもりですヾU*・ェ・*Uゝ

AM6:47 六合目 雲海荘 通過
続 御中道への挑戦 2019-10-20 039

 スタートから24分、六合目の雲海荘を通過します。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 040

 ここの分岐で富士山頂と宝永山へ分かれますが、今回は御中道なので横歩きに宝永山方面へ向かいます。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 042

 この季節は秋も終りに差し掛かって、一番色のある時期ですから目も楽しめます^^

続 御中道への挑戦 2019-10-20 044

 ここから宝永山までは、ほぼ平坦か緩い下りになります。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 045

 麓が段々明るくなってきました。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 046

 するとこちらにはガスが。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 047

 山頂の方から黙々と私達を被い隠していきますヽU*´д`*Uノ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 049

 流石に二人分の水を既に背負っている私には、あれもこれもリュックに詰め込む余裕は無いので、

雨具の用意はありませんヽU*´д`*Uノなので雨にならない事をただただ祈るばかりです。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 050

 雲の流れは目まぐるしく、波のように寄せたり引いたり、ガスも沸いては私達を覆い隠して通り過ぎたり、

続 御中道への挑戦 2019-10-20 052

 雨が降ったら。。。逃げるだな! 引き返せないところで降ったら。。。覚悟を決めろ!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 054

 しかし、嬉しい楽しい伝助君♪ 何も気にしてはいないのでしょう~跳ねるようにチョコマカと先へ行ってしまいますw

続 御中道への挑戦 2019-10-20 055

 しばらくすると戻ってきます^^;

続 御中道への挑戦 2019-10-20 056

 伝助「はやくはやく~」とでも言いたげですw

続 御中道への挑戦 2019-10-20 057

 お前に地図を持たせて一人で歩かせたら。。。そりゃ~速いんだろうな^^;富士山マラソンの人よりも速いと思うぞw

続 御中道への挑戦 2019-10-20 058

続 御中道への挑戦 2019-10-20 060

続 御中道への挑戦 2019-10-20 061

続 御中道への挑戦 2019-10-20 062

 あっちキョロキョロ こっちキョロキョロ 

続 御中道への挑戦 2019-10-20 064

 伝助は楽しそう♪

続 御中道への挑戦 2019-10-20 068

 雲海の山肌に、ポツリと黒く伝助の影。いい感じ^^

続 御中道への挑戦 2019-10-20 070

 まぁ~まだここは、何度も歩いた事のある場所だからな、気持ちにも余裕がある。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 071

 足元にもちゃんとした道があるし、宝永火口まではルークも来たし、宝永山にはリオとも一緒に登ってるし^^

続 御中道への挑戦 2019-10-20 072

 来る度にいつも違って見えるけど、懐かしい思い出は変わらず目に浮かびます。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 074

 宝永第一火口の分岐へきました。

ここから宝永山の第一火口が見えます。下へ下ると須山口登山道で、御殿庭を経て水ヶ塚公園へ繋がっています。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 075

 御中道は宝永山の向こうへ繋がっています。まずは火口へ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 077

 やっぱり覚えてるんだなぁ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 078

 もうスタスタと行っちゃうもんな^^;

続 御中道への挑戦 2019-10-20 079

 ここは富士山の、いわゆる「良いところ!」なので、画像を多目に載せておきますね!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 081

 もちろん主役は伝助君ですヾU*・ェ・*Uゝ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 083

 800年前、富士山の中腹から噴火して出来たのが宝永火口、大中小と下へ列なって3つあります。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 084

 その一番上の大きい火口へ向かっています。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 085

 降水確率30%、目まぐるしく雲が動いて空模様が変わります。大丈夫なんだろうか・・・σU*´д`*U?

続 御中道への挑戦 2019-10-20 087

 宝永第一火口縁の底から周囲を見渡します。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 088

続 御中道への挑戦 2019-10-20 089
 
AM7:08 宝永第一火口縁 通過
続 御中道への挑戦 2019-10-20 092

 スタートから約45分、宝永第一火口縁を通過しました。

知った道なので、迷いも無く早いのは当たり前なのですが^^;

問題はその先なので、ここは余計な寄り道はせずこのまま宝永山を登ります。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 093

 下から宝永山を見上げると・・・はっ!?何か形が変わって絶壁になってる@@!崩れたんだろうか!?

台風19号の影響か!?はたまた富士山の浸食によるものなのだろうか!?とにかく形が崩れています@@!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 095

 富士山は非常に脆い山で、そのあまりの大きさに遠くからだと何時も同じに見えますが、

実は物凄いスピードで毎日崩れていますヽU*´д`*Uノ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 096

 なので、去年まで普通に通れた所が、今年も同じに通れるとは限らないのです。

今日はこのルートで宝永火口の下から御中道を目指しますが、嘗てはこの火口の上を通っていた事もあるらしいです。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 098

 宝永火口から赤くポッコリ膨らんでいる赤い山が、噴火して盛り上がった溶岩がそのまま固まった物らしいです。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 099

 そこから馬の背へと上に、すり鉢のような、蟻地獄でもあるような足場の道を登って行きます。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 100

 嘗てはあの上を通っていたらしい御中道。今でも火口の上を一周できるルートがあるのだとか・・・

続 御中道への挑戦 2019-10-20 102

 私達より後からスタートしたご夫婦が、私と伝助を追い越していきました。

天候が不安ですね~というと、山頂は晴れているのだとか!!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 104

 お!言われてみれば晴れてきているよな!?今日は今のところ風も無く、雨の不安以外は順調でした。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 107

 うちのパパは遅いでいじゃる。。。とでも言いたそう。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 108

 今度は、お年寄りとその付き添い二人みたいな一行に追い抜かれましたヽU*´д`*Uノ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 109

 ゆっくり登るお年寄りより遅いパパに呆れる伝助(笑)

続 御中道への挑戦 2019-10-20 110

 見ろ!伝助!この景色を!!凄いだろ~パパは色々と写真を撮ったり忙しいのだ!(汗)

続 御中道への挑戦 2019-10-20 112

 またサッサと先へ登り、私の到着を待つ伝助。。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 115

 私が追い付くと、立ち上がってまた先へ登って行きます。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 116

 ここは火口の中腹辺り、振り返るとこんな景色



 中々良い感じです^^

続 御中道への挑戦 2019-10-20 119

 足元はこんな感じ、足がかなり深く沈むので、一歩一歩がとても重いです。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 120

 なんか、見守る側と見守られる側が完全に逆になっているような気がしますUA´д`*U。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 121

 伝助:「さ~パパさん!立ち上がって歩くです!馬の背はもう直ぐでおじゃるよ!」とでも言われているよう。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 123

 解っちゃいるけど辛いんだよ~ここヽU*´д`*Uノ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 124

 上が見えているだけに近いような気がするのだけれど。。。

続 御中道への挑戦 2019-10-20 125

 登っても登っても中々近付いてこないヽU*´д`*Uノ

続 御中道への挑戦 2019-10-20 127

 お前は全然平気そうだな^^;

続 御中道への挑戦 2019-10-20 128

 ちょっと登っては

続 御中道への挑戦 2019-10-20 130

 また向きを変え私を待ってるw

続 御中道への挑戦 2019-10-20 131

 おお!見えた!馬の背の背が見えたぞーー!!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 133

 もうちょっとで本日の第一の山場を越えるぞ!!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 135

AM8:35 宝永山 馬の背 到着
続 御中道への挑戦 2019-10-20 138

 スタートから2時間12分、宝永火口を登り切り、馬の背へ到着しました!ヾU*^ェ^*Uゝ



 馬の背へ上がってみれば!物凄い突風が吹き荒れていました∑⊂*゜д゜*⊃!!

今日は穏やか?と思っていましたが、ここは相変わらず体が浮くほどの風が舞います!

続 御中道への挑戦 2019-10-20 140

 ここで休憩?と思いましたが、落ち着けないので先へ進む事に決めました。

御中道はまだまだ始まったばかり、ここから御殿場ルート方面を目指しますヾU*^ェ^*Uゝ


                                                 - つづく -

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

伝ちゃん(笑) - Nao - 2019年10月25日 20:51:21

好きに走らせたら後ろから追い付かれそうですね(笑)
楽しくて嬉しくてがマックスでも
ちゃんとパパと来てるんだ
って忘れない伝ちゃんの冷静さが
頼もしく思えます
いぬまるさんは犬運が強い方ですね!

コメントありがとうございます^^ - いぬまる - 2019年10月26日 09:31:17

>>Naoさんへ

もしも伝助に地図を持たせて自分のペースで歩かせたら
一体一日に富士山を何往復出来ることやら^^;
この先からハマっていくのですがw
私がどんなに困っても、飼い主を見上げる伝助の顔はニコニコでした(笑)
逞しい愛犬と弱い飼い主の冒険の続きは
もうちょっとお待ちください^^;

トラックバック

URL :

訪問者数
プロフィール

いぬまる

Author:いぬまる
愛犬と富士山頂を目指して
悪戦苦闘を綴った冒険の記録
始めての富士山から7年2ヶ月
ゴールデン三代、足跡を繋いで無事に達成する事ができました。
富士山頂への道(総集編)
現在は富士山四大登山道と三度の山頂制覇を目指しています。
最終目標は御中道巡り!途方もない目標ですw

ぼーるアドレナリン全快! 伝助(♂)
14170159940HuzOWOMokJ25x91417015993.gif 2011.12.26生まれ  ブログ「さんQ~なっちゃん!!」宅で、7男3女の長男として生まれる。 2012年4月1日より我が家の家族となりました。 仔犬とは思えない落ち着きと、他犬にも全く臆する事無く接します。 愛称を「でんちゅけ!」神童の呼び名高く!! 故ルークまがいのトイレ天才!! 幼犬時代は元気過ぎて、長く前足を痛めた事もありましたが、 先住犬リオ大先生をお手本に、泳ぎも山登りもグングンリードする逞しい若武者へと成長を遂げ、 生後僅か1年7ヶ月で富士山頂を制覇!全くの疲れ知らずw 朝夕のご飯にもオヤツにも目もくれずボール大好き!命!のレトリーブ犬! 人にも他犬にも全く興味なし!wボール投げの為だけに毎日毎日広場へ向かって飼い主をグイグイグイグイ引っ張って誘います。 まだまだ長い犬生、どんな成長を見せるのか!?とっても楽しみであります。
お子様一番! リオ(♀)
1356597921C1mLd47oKi7m6_M1356597920.gif 2002.10.7-2014.8.24 生後3ヶ月で、福島の幼稚園から里親を数件を渡り、神奈川県まで南下してきたリオ。最初は家も預かるだけのつもりで居た。寂しい旅の経緯を知り、家の子とする事を決意。体は小さいが元気さだけはターボなリオは、先住犬もご近所さんのワンコもグイグイ押しのけて!!シッポ振り振りご飯もオヤツもオモチャも奪う!wボール探しの名手である!!公園や河原の草むらの中へ突然走り出し拾ってくる!飼い主の気配や匂いには敏感で、氷点下の大雪原で無くした車のキーを見つけて主人を救った事もある!!何時まで経っても私ワタシの何でも一番!お子様一番!!でしたが、新参犬伝助を迎えてからは性格が一転!とても面倒見の良いお姉さんへと様変わりをする。泳ぎ方から登山の指導まで、何時も伝助を後ろから温かく見守り、7年2ヶ月を掛けて念願だった富士山頂へと飼い主と伝助を導いた。11歳の老犬となっても道筋の読みで無駄なく歩く様は、もはや立派な登山犬でした。突然の痙攣から闘病生活を戦う事8ヶ月、脳腫瘍によって他界、11歳10ヶ月と17日の生涯を閉じる。最後まで自分でトイレを済ませ鳴き声一つ上げませんでした。最高の相棒であり何時も何処に居ても私を見続けていた。とても可愛い仔であった。
あんぽんたん ルーク(♂)
ゴールデンレトリバー ルーク 画像 2001.8.28-2010.11.2 幼犬時代はトイレ天才!ご近所では珠の様に可愛い仔!美形のルー君!などと呼ばれ「この仔はもしかしたら!とても良い犬かもしれない!」とルークの将来を期待したものです。がっ!見事なアンポンタンに育つwやんちゃな成長期には、床を掘り掘りソファーをビリビリ家具をガジガジ!ぬいぐるみをグルングルン!破壊の限りを尽くし、走り出したら止まらない鉄砲弾でしたが、人に何をされても動じない、他犬とも友好的で面倒見も良い温厚な性格でした。股関節が浅いなど多々乗り越えて、晩年は簡単な言葉や仕草で、主人の言う事を良く理解してくれる。とても扱い安い仔であった。前立腺肥大による膀胱炎から、去勢手術を経て3ヵ月後、血管肉腫により他界、9歳2ヶ月の生涯を閉じる。穴が開いている所があると、何故か吸い込まれるように嵌り、主人に救いを求める面白い奴であった。
ヾU*・ェ・*Uゝ
我が家のワンコ鍋=わんこおじや作りの参考にさせて頂いている本です。1ページ目から引き込まれ、読みやすく解りやすく難しい栄養価計算は不要と、なんだか手作りと言うだけで自分で難しく考え過ぎていた事に気が付きました。身近にある食材で簡単に出来る手作り食です! 余命宣告されても諦めるのはまだ早い!!の見出しに引かれて購入した本です。ルークを失った悲しみから、もっと自分にして上げられる事があったのではないか!?と悔しくて調べまくりました。ガンの栄養となる物を取り除いて、健康を維持しつつ、ガンをやっつける!など、症状に応じて対策や延命の鍵がここに示されています。サジを投げられても、指を咥えて見ている事は出来ない!!最後までして上げられる事があるはず!そんな本です。
健康な毎日は正しい食生活から!と言いますが、実際私もどんなドッグフードが我が子に一番良いのか!?ずっと解らずにいました。犬の体臭はドッグフードを加工した際の脂分だと知り、また酸化したフードの脂分の蓄積が長い時間を掛けて愛犬に悪影響を及ぼす事がある。と諌められ、騙されたと思って二週間だけ始めたのがきっかけでした。通常二週間もシャンプーをしなければ犬臭くなるもの、ところがこのワンフーは2週間1ヶ月経っても体臭が起こりませんでした。愛犬の体に良いなら!月のシャンプー代が1・2回減ると思えば、少々お高いフードでも安心を買うか!そう思って始めたのがこのワンフーです。我が家ではフードの量を少し減らして、その分ワンコ鍋とトッピングして与えています。 ドッグフードワンフーとワンコ鍋
我が家も愛用して10年以上になります。 股関節の器が通常の仔の半分しか無かったルークの器に膜が出来て、正常な状態に近付き股関節形成不全を克服して確信しました。悪い仔は良い方向へ、良い仔は更に良い方向へと、ミニチュアダックスくんや大型犬を中心に売れている商品で、家が購入している問屋さんでもビーピーグルコのグルコサミンは売り切れになる事が多いです。 今は悪くなる前に先手を討って、ごはんにひとサジ混ぜて与えています。
リオと伝助にお揃いの可愛くてカッコいい服は無いかな~とw 探していて偶然見つけた安くてカラフルで丈夫な綿100%服、 「売上金の一部は盲導犬の育成に役立てている」の見出しも気に入り纏めて購入、 実は犬服選びって結構大変w良いのを買っても合わなかったりブカブカだったり汚れて駄目になったり、 これならオヤツ代と同じくらいで惜しくない^^ 家は9号でちょっと小さめ、10号で調度良いかちょっと大きいか位でした。
富士山頂制覇に欠かせなかった肉球の摩耗を防ぐ靴、 犬の靴選びも大変で~せっかく色々買っても合う靴を探すのも履いて歩かせるのも大変、 結局使い捨てでしっかりと機能する物を求めたらこれに行き着きました。 ワンセット12枚入りで3回分履かせる事ができます。 一回1時間~2時間位使えました。 これを履かせて富士山頂へ登った私が言うのだから間違いないと思います。
足の裏毛カットに我が家が使っている部分バリカンです。 もう10年近くゴールデン3代皆このバリカンでカットしていますが、 未だに人気商品なのは!肉球の隙間にスススーッと入っていく使いやすさではないでしょうか、 大きすぎず小さすぎずゴールデンにはピッタリでした。 ゴールデン足の裏毛カット
 我が家で愛用している薬用イヤークリーナーです。 ペットサロンや動物病院などでも使われています。 外耳炎はタレ耳のゴルの宿命と諦めず、 頑張って根気とささやかな努力で克服できます。 もちろん困った時には医者に掛かるのが一番ですが、 動物病院で処方される薬には抗生物質が入っているので 薬が効いている間は大人しくしているだけなのです。 あまりにも速乾性のある治療の場合には、 ステロイドが含まれている危険性もあります。 獣医に良く確認をしてみましょう。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【動物用医薬品】フジタ製薬 ヒビクス軟膏 7.5ml
価格:900円(税込、送料別) (2018/9/8時点)


擦り傷 切り傷 かすり傷 肉球のケアから鼻の頭のガサガサ、ちょっとした湿疹など、一本あれば赤チンのように多種多様に使える便利な軟膏です。

我が家が長年愛用しているシャンプーです。これも色々買いましたwどんな高価な物でも合う合わないがあり、我が家はこれに変えてからはゴールデン3代問題なく安心してシャンプー出来ています^^ フケや肌が荒れやすいワンコにも低刺激なので安心♪更に!あの静電気にも対応!(100%無くなる訳ではない)冬場など乾燥しやすい時期のバリッ!が減ります。リンスインシャンプーなので使い勝手も良し♪パッケージが変わってもずっと使い続けているので、やっぱりこれが我が家には一番なんだと思っています。

我が家が愛用しているピンブラシです。毛の長いゴルは団子になったり根元で絡まりやすいので、それらを解してくれるピンブラシが最適です。抜けやすい時期やシャンプー後などガッツリ取れますw人の手に当てても痛くないし先が丸いので適度な力を加えても犬も痛くないしピンも長いのでしっかりと取れます^^プロ仕様というだけあってブラシに着いた毛も簡単に取れます。どんなブラシが良いのだろう?と思ったらこれをお勧めします^^
ブログランキングヾU*・ェ・*Uゝ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログパーツ

月別アーカイブ
ペットランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: