fuji-kengamine-2013-10-7

ガボッチョ

2017.9.23 ガボッチョ 山頂 標高1681M
ガボッチョ 表紙

 ガボッチョ!?なんだそりゃ!?と思われる事でしょう。

霧ヶ峰高原から東にポッコリした小山が見えます。そしてカーナビなどで見るとただ「ガボッチョ」と明記してあり、

地図で調べてもやはり「ガボッチョ」としか書いてありませんヽU*´д`*Uノ

何度か霧ヶ峰高原へやってきていると「気になる」「あそこは行けるのだろうか?」「登れるのかな?」と思うはずです。

今日は、その「ガボッチョ」へ登ってきました!ヾU*^ェ^*Uゝ

PM13:00 池のくるみ湿原 遊歩道 入口
ガボッチョ 2017.9.23 008

 以前にも「あの小山へ行けんじゃないのか?」と思い、この湿地を一周してきた事があったのですが、

今回は事前に下調べをして「やはり行ける!」との確信を得て再度あのポッコリした小山へ向かいます。

ガボッチョ 地図

本日のコースです。(地図は拝借)


 地図で見ると2コースあり、池のくるみ方面から行くと比較的平坦で「ガボッチョ」の下まで行く事ができます。

踊り場湿原からのコースは小山を二つほど越えるような感じで、上から湿原を見渡しながら行く感じになります。

湿原から森を抜けてそこから上へ真っ直ぐ峰まで登って頂へ赴くような感じです。

ガボッチョ 2017.9.23 011

さ~行きますよ~まずは湿原の遊歩道を歩きます。

ガボッチョ 2017.9.23 012

左に霧ヶ峰、右に湿地を見ながら平坦に歩きます。

ガボッチョ 2017.9.23 013

前回きた時は6月の終り頃だったんだね、あの時はただ湿地を一周して戻ってきちゃったけどw

ガボッチョ 2017.9.23 014

今日は大丈夫!のはずだw きっと湿地の奥に「ガボッチョ」へ通じる道があるはずだ!!

ガボッチョ 2017.9.23 016

これが「池のくるみ」かな?水が多い時にはカモなどが居るらしいですが、今は水が少なく居ませんね^^;

ガボッチョ 2017.9.23 017

6月に来た時には、もっとさっぱりした感じの道筋でしたが、今ではススキが背の高さほど伸びていました。

ガボッチョ 2017.9.23 018

高原の高いところを歩く霧ヶ峰と違って、こちらは湿地の低い所を歩くので、あまり人が来ないのかな?

ガボッチョ 2017.9.23 019

ガボッチョ方面への分岐
ガボッチョ 2017.9.23.19.1

 湿地の周りを歩いて15分ほどで、丁度「池のくるみ」方面からと「踊り場湿原」方面からぶつかる辺りで、

コースを外れるように赤白の棒が立っている方へ道が続いているのが見えます。

ガボッチョ 2017.9.23 020

道標などの表記は無く、ただ森の中へ続いている道です。「恐らくこれだろう!」と方向と感だけで行ってみる事にします。

ガボッチョ 2017.9.23 021

あまり人が歩いていないのでしょうね~古い伐採の跡などはありますが、人の通った痕跡は非情に少ないです。

ガボッチョ 2017.9.23 023

あれ~?外したかな??と思って進んでいくと、木に赤いテープが巻きつけてあり、

僅かですが人の通った痕跡も感じられるので、そのまま行く事にしました。

赤いテープは山では「ここは道ですよ~」の印ですから^^

ガボッチョ 2017.9.23 025

チョロチョロと水の流れる音も聞こえています。

ガボッチョ 2017.9.23 026

湿地へ流れ込んでいる小川にコンクリートの橋が架けてありますが相当に古いものです。

ガボッチョ 2017.9.23 029

森から出たり入ったり・・・道無き道を歩いている感じ?ん~なんだか冒険って気がしてきたぞU*`д´*Uノ”ぉぅ!

ガボッチョ 2017.9.23 031

辺りは石がゴロゴロ、コケが一杯、草はボーボー、なんだかジャングル化していますヽU*´д`*Uノ

ガボッチョ 2017.9.23 033

ちょっと不安はありましたが、それでもこの赤いテープだけを頼りに、方向は間違えてない!と信じて進んでいました。

ガボッチョ 2017.9.23 034

外から見ていた時は、他愛も無いちっこい森に見えたのですが・・・

中へ入ってしまうと周りが見渡せないので、自分がどの辺に居るのかが良く解らず・・・

ちょっと孤独感を感じます。。。やっぱり山は舐めてはいけませんね!w

ガボッチョ 2017.9.23 036

お!森を抜けるぞ~!と思ったところで印が上へと続いていました。

ガボッチョ 2017.9.23 037

どうやらここから一気に上へと登って行くようです。

ガボッチョ 2017.9.23 040

登りとなるとやたらと遅い飼い主を尻目にw伝助は一人で行ったり来たり、何時ものパターンです。

ガボッチョ 2017.9.23 042

お!登り切った辺りで平坦になり、目の前がパーッ!と明るくなりました!!

ガボッチョ 2017.9.23 046

抜けたーー!!

ガボッチョ 2017.9.23 047

そして一気に頂上が見えてる!!なんだこの森を抜けた途端の景色の違いは!∑⊂*゜д゜*⊃!!

ガボッチョ 2017.9.23 049

青空にポッコリと顔を出した「ガボッチョ」さ~頂上へ向けてススキの中を伝助が走りますヾU*^ェ^*Uゝ

その昔、霧ヶ峰高原は鬱蒼とした山林だったそうです。

それが長い時間を掛けて、牛や馬などの放牧の為に人為的に伐採され、その後ほったらかしになり、

時代とともに今の姿になったそうです。

ガボッチョ 2017.9.23 051

遠くから見ていると、広々とした原っぱのように見えていましたが、登ってみるとススキが背の高さほど生えていましたw

ガボッチョ 2017.9.23 052

振り返ってみたら良い景色♪あの森も外から見るとなんて事のない森なんだけどな~^^;

ガボッチョ 2017.9.23 053

この生い茂るススキの中に道らしい道は無く、人が通ったり掻き分けたりしたような跡を追って進んでいきます。

ガボッチョ 2017.9.23 056

伝助の背丈では見えないらしくwこの辺りは私の後を付けて歩いていました^^

ガボッチョ 2017.9.23 059

ススキが低くなると伝助はまたチョコマカ駆け回りますヾU*・ェ・*Uゝ

ガボッチョ 2017.9.23 061

ガボッチョ 2017.9.23 062

ガボッチョ 2017.9.23 064

ん~いい景色だな~連休なのに人っ子一人いない♪なんだかとても得した気分♪

ガボッチョ 2017.9.23 065

奥から歩いてきた湿地に暗かった森林とここまでの過程が全て見渡せますヾU*・ェ・*Uゝ

ガボッチョ 2017.9.23 066

天候にも恵まれて最高の登山となりました。

ガボッチョ 2017.9.23 067

PM14:06 ガボッチョ 山頂 標高1681M 到着
ガボッチョ 2017.9.23 068

スタートから1時間6分、ガボッチョの山頂へ到着しましたヾU*^ェ^*Uゝ


ガボッチョ 山頂からの景色


今日はちょっと雲が多かったけど、霧ヶ峰~アルプス~八ヶ岳~諏訪湖と360度の景色が見渡せる展望でした!

ガボッチョ 2017.9.23 070

いや~素晴らしい展望です!

あんまり眺めが良いので~私はしばらく腰を下ろして伝助と遠くの景色をずっと眺めていましたヾU*^ェ^*Uゝ


PM14:29 下山開始
ガボッチョ 2017.9.23 072

さ~来た道を戻るぞ~!ここは気に入ったし来易いので、また季節を変えて登ってみよう~♪

ガボッチョ 2017.9.23 073

この高原に揺れるススキと空と雲の流れがカッコイイ♪

ガボッチョ 2017.9.23 074

ガボッチョ 2017.9.23 076

ガボッチョ 2017.9.23 083

ガボッチョ 2017.9.23 087

ガボッチョ 2017.9.23 088

ガボッチョ 2017.9.23 089

森の手前で下へ下る道を見つけました!な~んだw森を抜けても道があったんじゃないかヽU*´д`*Uノ

ガボッチョ 2017.9.23 091

少しでも明るい空の下の方が良いのでそのまま下ります。今度来る時はこっちから登って来ような!

ガボッチョ 2017.9.23 093

下りきったところ、湿地へ繋がる小川がチョロチョロ流れていました。

ガボッチョ 2017.9.23 095

そしてまた森の中へ

ガボッチョ 2017.9.23 096

さ~赤いテープを追ってまた森を抜けるぞ

ガボッチョ 2017.9.23 099

日差しの関係か?道を知った安堵感からか?来た時よりも明るく感じられます^^;

ガボッチョ 2017.9.23 102

湿原の道へ出ました。帰りは「踊り場湿原」の方の遊歩道で戻る事にしました。

ガボッチョ 2017.9.23 104

麓に居ると気がつきませんが、山はしっかりと秋の色に染まり始めています。

ガボッチョ 2017.9.23 105

遊歩道から湿原を覗き込むと、秋色がとても綺麗でした。

ガボッチョ 2017.9.23 106

ガボッチョ 2017.9.23 109

ガボッチョ 2017.9.23 110

「踊り場湿原」のコースの方は、軽いアップダウンが2箇所ほどあります。

ガボッチョ 2017.9.23 111

なので上から湿地を見下ろす事が出来ます。

ガボッチョ 2017.9.23 112

ガボッチョ 2017.9.23 116

周遊コースを抜けて~湿地を見渡して~遠くに霧ヶ峰を眺め~

ガボッチョ 2017.9.23 118

PM15:11 ゴール 
ガボッチョ 2017.9.23 117

下山時間42分、トータル2時間11分、休憩も含めてこの時間ですから、

気軽なハイキング気分で素敵な景色を満喫出来るので良いコースなのではないでしょうか?

欲を言えばススキが伸びきる前の方がもっと理想でしょうか?今度は5月とか6月に来てみたいと思います。


                                                      ー おしまい -

ー 素敵な贈り物 -
フォトブック 002

 先月、八ヶ岳の牧場で偶然出会った Come かむ ケイティ ♪ のケイティちゃんから

素敵なフォトブックを作ってくれて、それをわざわざ送ってくださいましたヾU*^ェ^*Uゝ

こんな思い出の残し方もあるのだな~と無知な私は感激するばかりなのでした。

ケイティ一家さん!有難う御座いましたヾU*・ェ・*Uゝ


にほんブログ村


この記事へのコメント

- メウ - 2017年09月24日 10:09:24

ドンガバチョかと思いました。ブログ更新ありがとうございます(笑〕。でんちゅけ君は相変わらず疲れ知らず。他に歩く人がいない山道を歩くのは男性ならではですね。辺りが黄色に染まって。。。秋ってイイですね。

コメントありがとうございますヾU*^ェ^*Uゝ - いぬまる - 2017年09月24日 13:39:33

>>メウさんへ

「ガボッチョ」とはアイヌ語らしいです。
近くには「高ボッチ」がありますが、こちらのボッチは巨大という意味らしいですが
ガボッチョは調べても見つかりませんでしたヽU*´д`*Uノ
周りには何もない高原の出っ張りだったので景色は最高でした!
山はも秋なんだな~と感じられる登山でしたヾU*^ェ^*Uゝ

伝助探検隊 - よっしー - 2017年09月25日 18:55:58

ガボッチョ?
長いこと住んでるのに知らなかったです(^^;)

ここならあたしでも行けそう
伝ちゃん今度連れてってね!メグ

- ルーシーママ - 2017年09月25日 23:35:27

ほんと すごいパノラマ~ 綺麗な景色にうっとりです
伝助くんの写真を見た時 ガボッチョって何だろうと思いましたよ
良い場所 発見!でしたね

コメントありがとうございますヾU*^ェ^*Uゝ - いぬまる - 2017年09月26日 19:56:51

>>よっしーさんへ

ガボッチョってアイヌ語らしいですが
長野には古い言葉で不思議な地名が意味も解らず意外と多く残っているらしいです。

山登りはパパさんが大変そうなのでwメグちゃんも高原歩きなら喜ぶかな?
往復2時間位のコースなら幾つかあるので行きましょう^^

コメントありがとうございますヾU*^ェ^*Uゝ - いぬまる - 2017年09月26日 20:00:34

>>ルーシーママさんへ

そうですよね、ガボッチョと言われて写真だけ見てもなんだか解りませんよね^^;
霧ヶ峰から不思議な雰囲気でぽっこり見える小山なんです。
名前は「ガボッチョ」(山)という字は付きませんw
アイヌ語で古来よりそう呼ばれているそうですが、
今ではその意味も解らず地名だけ残っているそうです。
良い所でした^^

- あんモナぱぱ - 2017年09月26日 20:15:34

また、兄妹×2で遊んでください。
飼い主がへばらない様に鍛えておきます。
アルバム素敵でした。

コメントありがとうございますヾU*^ェ^*Uゝ - いぬまる - 2017年09月27日 19:25:00

>>あんモナぱぱさんへ

あの時思った事は、やっぱり多頭で歩くと楽しい♪って事でしたヾU*^ェ^*Uゝ
みんな同じに動かないところが面白かったですね!
往復2時間位のコースなら幾つか出来そうなので~
また遊びにいらしたら一緒にハイキングしましょう♪

フォトブックにはビックリしました∑⊂*゜д゜*⊃!!
良い品と思い出を頂きました^^

トラックバック

URL :

訪問者数
プロフィール

いぬまる

Author:いぬまる
愛犬と富士山頂を目指して
悪戦苦闘を綴った冒険の記録
始めての富士山から7年2ヶ月
ゴールデン三代、足跡を繋いで無事に達成する事ができました。
富士山頂への道(総集編)
現在は富士山四大登山道と三度の山頂制覇を目指しています。
最終目標は御中道巡り!途方もない目標ですw

ぼーるアドレナリン全快! 伝助(♂)
14170159940HuzOWOMokJ25x91417015993.gif 2011.12.26生まれ  ブログ「さんQ~なっちゃん!!」宅で、7男3女の長男として生まれる。 2012年4月1日より我が家の家族となりました。 仔犬とは思えない落ち着きと、他犬にも全く臆する事無く接します。 愛称を「でんちゅけ!」神童の呼び名高く!! 故ルークまがいのトイレ天才!! 幼犬時代は元気過ぎて、長く前足を痛めた事もありましたが、 先住犬リオ大先生をお手本に、泳ぎも山登りもグングンリードする逞しい若武者へと成長を遂げ、 生後僅か1年7ヶ月で富士山頂を制覇!全くの疲れ知らずw 朝夕のご飯にもオヤツにも目もくれずボール大好き!命!のレトリーブ犬! 人にも他犬にも全く興味なし!wボール投げの為だけに毎日毎日広場へ向かって飼い主をグイグイグイグイ引っ張って誘います。 まだまだ長い犬生、どんな成長を見せるのか!?とっても楽しみであります。
お子様一番! リオ(♀)
1356597921C1mLd47oKi7m6_M1356597920.gif 2002.10.7-2014.8.24 生後3ヶ月で、福島の幼稚園から里親を数件を渡り、神奈川県まで南下してきたリオ。最初は家も預かるだけのつもりで居た。寂しい旅の経緯を知り、家の子とする事を決意。体は小さいが元気さだけはターボなリオは、先住犬もご近所さんのワンコもグイグイ押しのけて!!シッポ振り振りご飯もオヤツもオモチャも奪う!wボール探しの名手である!!公園や河原の草むらの中へ突然走り出し拾ってくる!飼い主の気配や匂いには敏感で、氷点下の大雪原で無くした車のキーを見つけて主人を救った事もある!!何時まで経っても私ワタシの何でも一番!お子様一番!!でしたが、新参犬伝助を迎えてからは性格が一転!とても面倒見の良いお姉さんへと様変わりをする。泳ぎ方から登山の指導まで、何時も伝助を後ろから温かく見守り、7年2ヶ月を掛けて念願だった富士山頂へと飼い主と伝助を導いた。11歳の老犬となっても道筋の読みで無駄なく歩く様は、もはや立派な登山犬でした。突然の痙攣から闘病生活を戦う事8ヶ月、脳腫瘍によって他界、11歳10ヶ月と17日の生涯を閉じる。最後まで自分でトイレを済ませ鳴き声一つ上げませんでした。最高の相棒であり何時も何処に居ても私を見続けていた。とても可愛い仔であった。
あんぽんたん ルーク(♂)
ゴールデンレトリバー ルーク 画像 2001.8.28-2010.11.2 幼犬時代はトイレ天才!ご近所では珠の様に可愛い仔!美形のルー君!などと呼ばれ「この仔はもしかしたら!とても良い犬かもしれない!」とルークの将来を期待したものです。がっ!見事なアンポンタンに育つwやんちゃな成長期には、床を掘り掘りソファーをビリビリ家具をガジガジ!ぬいぐるみをグルングルン!破壊の限りを尽くし、走り出したら止まらない鉄砲弾でしたが、人に何をされても動じない、他犬とも友好的で面倒見も良い温厚な性格でした。股関節が浅いなど多々乗り越えて、晩年は簡単な言葉や仕草で、主人の言う事を良く理解してくれる。とても扱い安い仔であった。前立腺肥大による膀胱炎から、去勢手術を経て3ヵ月後、血管肉腫により他界、9歳2ヶ月の生涯を閉じる。穴が開いている所があると、何故か吸い込まれるように嵌り、主人に救いを求める面白い奴であった。
ヾU*・ェ・*Uゝ
我が家のワンコ鍋=わんこおじや作りの参考にさせて頂いている本です。1ページ目から引き込まれ、読みやすく解りやすく難しい栄養価計算は不要と、なんだか手作りと言うだけで自分で難しく考え過ぎていた事に気が付きました。身近にある食材で簡単に出来る手作り食です! 余命宣告されても諦めるのはまだ早い!!の見出しに引かれて購入した本です。ルークを失った悲しみから、もっと自分にして上げられる事があったのではないか!?と悔しくて調べまくりました。ガンの栄養となる物を取り除いて、健康を維持しつつ、ガンをやっつける!など、症状に応じて対策や延命の鍵がここに示されています。サジを投げられても、指を咥えて見ている事は出来ない!!最後までして上げられる事があるはず!そんな本です。
健康な毎日は正しい食生活から!と言いますが、実際私もどんなドッグフードが我が子に一番良いのか!?ずっと解らずにいました。犬の体臭はドッグフードを加工した際の脂分だと知り、また酸化したフードの脂分の蓄積が長い時間を掛けて愛犬に悪影響を及ぼす事がある。と諌められ、騙されたと思って二週間だけ始めたのがきっかけでした。通常二週間もシャンプーをしなければ犬臭くなるもの、ところがこのワンフーは2週間1ヶ月経っても体臭が起こりませんでした。愛犬の体に良いなら!月のシャンプー代が1・2回減ると思えば、少々お高いフードでも安心を買うか!そう思って始めたのがこのワンフーです。我が家ではフードの量を少し減らして、その分ワンコ鍋とトッピングして与えています。 ドッグフードワンフーとワンコ鍋
我が家も愛用して10年以上になります。 股関節の器が通常の仔の半分しか無かったルークの器に膜が出来て、正常な状態に近付き股関節形成不全を克服して確信しました。悪い仔は良い方向へ、良い仔は更に良い方向へと、ミニチュアダックスくんや大型犬を中心に売れている商品で、家が購入している問屋さんでもビーピーグルコのグルコサミンは売り切れになる事が多いです。 今は悪くなる前に先手を討って、ごはんにひとサジ混ぜて与えています。
リオと伝助にお揃いの可愛くてカッコいい服は無いかな~とw 探していて偶然見つけた安くてカラフルで丈夫な綿100%服、 「売上金の一部は盲導犬の育成に役立てている」の見出しも気に入り纏めて購入、 実は犬服選びって結構大変w良いのを買っても合わなかったりブカブカだったり汚れて駄目になったり、 これならオヤツ代と同じくらいで惜しくない^^ 家は9号でちょっと小さめ、10号で調度良いかちょっと大きいか位でした。
富士山頂制覇に欠かせなかった肉球の摩耗を防ぐ靴、 犬の靴選びも大変で~せっかく色々買っても合う靴を探すのも履いて歩かせるのも大変、 結局使い捨てでしっかりと機能する物を求めたらこれに行き着きました。 ワンセット12枚入りで3回分履かせる事ができます。 一回1時間~2時間位使えました。 これを履かせて富士山頂へ登った私が言うのだから間違いないと思います。
足の裏毛カットに我が家が使っている部分バリカンです。 もう10年近くゴールデン3代皆このバリカンでカットしていますが、 未だに人気商品なのは!肉球の隙間にスススーッと入っていく使いやすさではないでしょうか、 大きすぎず小さすぎずゴールデンにはピッタリでした。 ゴールデン足の裏毛カット
 我が家で愛用している薬用イヤークリーナーです。 ペットサロンや動物病院などでも使われています。 外耳炎はタレ耳のゴルの宿命と諦めず、 頑張って根気とささやかな努力で克服できます。 もちろん困った時には医者に掛かるのが一番ですが、 動物病院で処方される薬には抗生物質が入っているので 薬が効いている間は大人しくしているだけなのです。 あまりにも速乾性のある治療の場合には、 ステロイドが含まれている危険性もあります。 獣医に良く確認をしてみましょう。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【動物用医薬品】フジタ製薬 ヒビクス軟膏 7.5ml
価格:900円(税込、送料別) (2018/9/8時点)


擦り傷 切り傷 かすり傷 肉球のケアから鼻の頭のガサガサ、ちょっとした湿疹など、一本あれば赤チンのように多種多様に使える便利な軟膏です。

我が家が長年愛用しているシャンプーです。これも色々買いましたwどんな高価な物でも合う合わないがあり、我が家はこれに変えてからはゴールデン3代問題なく安心してシャンプー出来ています^^ フケや肌が荒れやすいワンコにも低刺激なので安心♪更に!あの静電気にも対応!(100%無くなる訳ではない)冬場など乾燥しやすい時期のバリッ!が減ります。リンスインシャンプーなので使い勝手も良し♪パッケージが変わってもずっと使い続けているので、やっぱりこれが我が家には一番なんだと思っています。

我が家が愛用しているピンブラシです。毛の長いゴルは団子になったり根元で絡まりやすいので、それらを解してくれるピンブラシが最適です。抜けやすい時期やシャンプー後などガッツリ取れますw人の手に当てても痛くないし先が丸いので適度な力を加えても犬も痛くないしピンも長いのでしっかりと取れます^^プロ仕様というだけあってブラシに着いた毛も簡単に取れます。どんなブラシが良いのだろう?と思ったらこれをお勧めします^^
ブログランキングヾU*・ェ・*Uゝ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログパーツ

月別アーカイブ
ペットランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: