fuji-kengamine-2013-10-7

宝永山を目指せ!その3(宝永山山頂~富士宮口五合目)

2013.5.28 AM11:32 宝永山 山頂 (標高2693M)
DSCF4518.jpg

 富士宮五合目から、第二の山頂と云われる宝永山山頂へ無事に登頂しました!

しばし、この喜びを山頂にて堪能しますヾU*・ェ・*Uゝ



 いあいあ、ほんとwずり落ちそうな位の物凄い突風ですヽU*´д`*Uノ

そして、麓では諸夏なんて言われてw既に厚さ対策やら熱中症に注意なんて呼びかけもありますがw

ここは極寒のごとく物凄い寒さですヽU*´д`*Uノ

なんといっても風が痛い!!!顔も痛いし耳も痛いwおまけに手まで悴んできました。

長く居るとやばそうです!!リオと伝助は大喜びですが。。。。


しかし・・・その前に! 恒例の!!アレです!!



おやつターーーイム!!U*`д´*Uノ"
DSCF4527.jpg

 今日も頑張ったご褒美として!!麓でありがた~~いオヤツを買ってきました!!

しかし・・・あまりの突風で、石碑に並べたオヤツとステンレス製の器が滑ってずり落ちてしまいました。

DSCF4530.jpg

 とても不自然なカッコで食べていますがw

物凄い突風の中・・・吹き飛ばされないようにガッチリと踏ん張りw

頭を風上へ向けて、鼻先で器を抑えながら、舌と下顎だけで器を器用に回しながら上手に食べています(爆)

誰が教えた訳でもなく、今ここでwこの状況で編み出した必殺技のようです。。。

富士の大自然が!また一つリオと伝助を逞しくしましたヾU*・ェ・*Uゝ

DSCF4542.jpg

さ~満腹になって!今日の目標も達成して!大満足のリオと伝助!!

ここから最後の冒険!無事に帰る冒険の始まりですヾU*^ェ^*Uゝ


帰りのコースです。
宝永山 地図③

説明不要かと思いますが、来た道を帰る!です。。。

ただ、来る時に2回もあった落石なので、宝永馬の背から宝永第一火口へ下る。

あの蟻地獄みたいな下りがちょっと心配でしょうか・・・


AM11:50 下山開始
DSCF4543.jpg

 「よし!帰るぞ~~」の掛け声で、伝助が来た道を一目散に歩き出します!

DSCF4545.jpg

凄かった宝永山の石碑に別れを告げて、名残惜しむようにリオも歩き出します。

DSCF4546.jpg

去年、下から見上げていた赤い岩の上から、今度は双子山を遥か下に見下ろしています。

DSCF4549.jpg

馬の背を突風に向かって悠々と歩く伝助。

DSCF4550.jpg

上から下を眺めるって、わんこもとっても好きなようです^^

楽しそうにキョロキョロ見渡しています。

DSCF4553.jpg

宝永山馬の背
DSCF4555.jpg

来た時に登ってきた、分岐点まできました。

ここから宝永第一火口へ下っていきます。

上りはもう辞めようかと思うほど大変でしたが・・・下りはどうでしょうか?^^;

DSCF4559.jpg

リオは何を見ているのでしょうか~

私が歩き出してもしばらくこうしていました。

人には痛いほど冷たい突風も、リオには心地よいのかもしれません、

DSCF4560.jpg

伝助ももう一度馬の背から麓の方を見ていました。

良い思い出の一つとして記憶に残るかな??

DSCF4562.jpg

さ~名残惜しいですが、宝永第一火口へ向かって!あの傾斜を下り始めました。

DSCF4564.jpg

下りは人間様有利です。先頭を切って滑るように下りていきますヾU*^ェ^*Uゝワハハw

先頭飼い主、二番手伝助、三番手からリオの順になりました。

DSCF4566.jpg

DSCF4567.jpg

流石の伝助も、この長く急な斜面には苦戦しているようでした。

重い頭を下に、前足で踏ん張りながら降りているので前足に相当な負担が掛かっているはずです。

DSCF4568.jpg

歩を小刻みにちょこちょこ動かして、スローペースで土煙を上げながらリオさんが下ってきます。

10歳を超えて、最近はもっぱら下り坂が苦手になってきているようです。

昔はピョンピョン軽やかに跳ねて下っていたけれど・・・

年をとるとやっぱりキツくなってくるのは人と同じなのでしょうかね~

DSCF4572.jpg


PM12:34 
DSCF4574.jpg

 宝永山山頂から下り始めて45分ほど、明らかなにリオのペースがおかしい!?

遅いどころかなにか辛そうだ!?

そういえば登り始めてからもうかれこれ3時間以上経ってしまっている・・・

私は立ち止まってリオと伝助の足の裏をチェックしました。

リオの前足と後ろ足の裏から薄らと血が滲んでいました∑⊂*゜д゜*⊃!!

伝助の方も若干赤くなっていました。


肉球の摩耗

 今回の登山でハッキリと解ったことがありました。

よく登山などで、溶岩石に肉球をやられると言いますが、

実際にはやられるのは、肉球と肉球の間、その奥や指と指の間のようです。 


 家で肉球自体が磨り減って赤く被れてしまったのは、過去に8合目上まで登ったルークだけでした。

あれは、高い岩盤の上を登った為に直接触れる肉球がやられてしまったのですが、

今回は砂粒による肉球の間の摩耗でした。


 私も最近ようやく解ってきて、今回のリオと伝助で確信したのですが、

雪遊びで雪が足の裏に詰まって、指が広がってしまうほど絡まった経験はないでしょうか?

実はあれと同じ原理だったのです。


 細かな溶岩石の軽石が、足の裏の隙間に沢山挟まってしまっていたのでした。

この細かな溶岩石がまた厄介で、軽石の様に穴が沢山空いていて非常に軽く、

尚且つその粒は、溶岩石で尖っていてコスリアといわれるガラス質も含んでいるのです。


軽い上に尖っていてザラザラしているので、足の肉球の隙間の裏毛に雪のように絡まってくっ付いてくるのです。

当然尖った物を指の隙間に挟みながら体重をかけて歩いている訳ですから、

擦れて摩耗して皮膚が爛れて炎症を起こし出血するのです。


 実は前回の登山でも砂流を歩きましたが、あの時は足の裏毛をカットした二週間後だったのです。

今回は足の裏毛があったほうが、若干肉球の保護効果になるだろうと考え、

あれから手を付けづに来てしまったのでした。


 これが裏目に出ました。

そうです!前回は足の裏毛が短かったので、指の間に砂粒が入っても絡まらなかったので軽傷だったのです。


 考えてみたらおかしなものでw

肉球の摩耗だったら少なからずどんな犬でも毎日アスファルトの上を歩いているわけで、

肉球自体はそんなヤワなものでは無いと、誰もが知ってるはずです。


 もちろん全てとはいいません、アスファルトの上だって熱ければ火傷もするし、

尖った物を踏めば刺さりますし、雪の上でも固まっていれば肉球を切ったりもします。

DSCF4575.jpg

 伝助は軽症でしたが、やはり足の裏の隙間の奥に細かな粒が詰まって、

それが擦れたのかチクチク刺さっていたのか?赤くなっていました。。。

DSCF4578.jpg

 リオの方は痛々しかったので、この一番ゴツゴツした辺りの傾斜を歩かせるのは可愛そうだと思い、

しばらく抱えて下りてみる事にしましたヽU*´д`*Uノ


 でも~本当に辛かったら立ち止まって鼻を「ぴーぴー」いって歩かなくなるので、

まだそこまでは酷くないようで安心しました。


 でもまだまだ五合目まで下って行かなくてはならないので、

せめてこの一番足元が辛そうなところだけでも!と思い、私はリオを抱っこしながらヨロヨロと下り始めました。


PM12:51 宝永第一火山 到着
DSCF4579.jpg

 リオを抱きかかえて下ること約15分、あの蟻地獄のような砂流を抜けてきましたヽU*´д`*Uノ

ここにあるベンチで一服です!もちろん画像なんかありません!

34キロを抱えて下りていたのですから。・゜・U*ノд`AU・゜・。死ぬかと思ったw

DSCF4582.jpg

 足元に優しい木の上のベンチとテーブルで休ませます。

ここでもう一度良くチェックをすると、リオの右後ろ足の薬指にあたる爪の根元あたりからも血が出ていました。


 ごめん!今日は往復2時間半くらいだろう~楽勝~なんて軽い気持ちでやってきていたので、

怪我の対処道具なども持ってきてはいなかったのです。・゜・U*ノд`AU・゜・。

舐めていた上に、今日は落石などもあり、改めて富士山を舐めてはイカンと深く反省していました。


 ここでしばらく風に当たり、熱を持った足を冷やしてゆっくり帰ろう~

でも、今日も物凄い良い収穫となった。

今後上を目指す上での対策、要はいかに足の裏を守るかだ!!


 山頂を目指すには最短でも4時間、家のペースじゃ~5時間か6時間以上かかってしまう。

どんなに集等にケアしても、やはりタイムリミットは踏んばっても4時間が限界だろう・・・

これじゃ~頑張って登っても、降りてくる事は不可能となってしまう。


 ようは指の隙間に砂粒の入るのを防ぎ、尖った岩盤で肉球を削らない対策をすれば良いのだ、

下りのイメージも今日の蟻地獄のような傾斜を見てなんとなくイメージが湧いてきた。


 出来ない理由を探すより、出来ると信じてそれをイメージする!!

いま私の頭の中で、モヤモヤとしていたものが随分と固まりつつあった。

あとは試して!実践だな!!(そのイメージはまたいずれw)



DSCF4584.jpg

しばらく休憩をしたあと、リオの爪からの出血も止まった!

「じゃ~帰ろうか~」と言うと、リオはベンチから降りて歩き出したので、私たちはそのまま下山を始めた。

DSCF4585.jpg

今日、この一枚の背景の中で~色んな事があったね~

DSCF4587.jpg

足元は溶岩石の粒から、石の粒へと変わったので、足裏に絡まらず随分歩きやすくなったようだ。

DSCF4591.jpg

もう直ぐあの尾根の様な宝永第一火口縁だ。


ちょこっとリオ先生♪跳ねる伝助。


 伝助が今日始めてちょこっと戸惑っていたので動画を撮り始めると、

リオ先生がここぞとばかりに「私がいないと~」みたいな感じでw

ヒョイっと上がって見せるところが笑えた動画です。


伝助が照れくさそうに駆け上がって行ったように思えたのは私だけでしょうか?^^;

DSCF4596.jpg

六合目の山荘も見えてきました。

DSCF4598.jpg

DSCF4600.jpg

DSCF4601.jpg

DSCF4604.jpg

おっと!その前に、来る時に遊んだ残り雪で体と足を冷やします。

DSCF4605.jpg

山荘を横切って~

DSCF4607.jpg

最後の下り坂です。

DSCF4609.jpg

 ここで私が道を変えて、車に近い方の五合目駐車場へ向かおうとすると・・・

リオが・・・「そっちじゃないよ~」みたいな感じで降りてきませんでしたヽU*´д`*Uノ

いやいや、いいんだ!こっちで帰るの!と言っても降りてきませんw

仕方がないので両膝をついてw両手を広げて「こっちでいいの!」とジェスジャーするとw

ちょこちょこと戸惑いながらも下りてきましたw

DSCF4612.jpg

最後の雪で、また足と体を冷やします。

DSCF4617.jpg

さ~リオ頑張れ!ゴールは目の前だ!!U*`д´*Uノ"

そして、もう二度と痛い思いをさせないようにパパも頑張るから!


PM13:40 富士宮五合目駐車場 到着
DSCF4619.jpg

 なんとか自分たちの足で、無事に下山する事が出来ました!ヾU*^ェ^*Uゝ

宝永山山頂から1時間50分、宝永第一火口から約35分、

スタートからトータル約4時間10分の登山でした・・・


 2時間半位で戻れるなんて思い込んで・・・このざまでございましたヽU*´д`*Uノ

その軽視は代償としてリオの足裏を痛めて担いで下山する始末に繋がってしまいました。


 帰りはこのまま川崎インターから降りて直ぐの、みやまえだいら動物病院へ駆け込みw

事情を説明してリオと伝助の為に軟膏を貰って帰りました。


今はしばらく、ゆっくりと休ませて静養させてあげたいと思います。


でも~宝永山!そして馬の背!!最高でした!!

DSCF4542.jpg

                              ヾU*^ェ^*UゝおしまいヾU*^ェ^*Uゝ


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事へのコメント

- らっちゃんママ - 2013年05月31日 19:29:49

五合目到着と下山成功おめでとうございます。
すごい風でしたね~
飛ばされなくてよかったですね
それにしても伝助君、楽しんでますね。

- メグやん8707 - 2013年06月01日 04:22:14

お疲れさま~^^
とっても綺麗な景色~ 蟻地獄なんてよく登ったなぁって
馬の背は伝助くん走って落ちないか心配したよ~
落石ありぃ~ので やっぱ山は綺麗だけど 恐いっ
心配性な私 見ててハラハラしたよ~><

リオちゃん足だいぶよくなったかな?
いぬまるさんもリオちゃん抱えて降りるなんて頑張りましたね^^

- さん太ママ - 2013年06月01日 08:56:36

リオちゃんを抱っこ><

お疲れ様でした~v-218

コメントありがとう御座いますヾU*・ェ・*Uゝ - いぬまる - 2013年06月01日 23:15:14

>>らっちゃんママさんへ

ありがとうございますヾU*・ェ・*Uゝ
凄いというか~まるで台風のようでしたヽU*´д`*Uノ
でんちゅけのヘラヘラ坊主は、帰りの車でも落ち着きがなくw
夜も散歩を要求していました^^;


>>メグやんさんへ

なんか~火星みたいな感じでした。木とか全く無いしねw
いあ~事前に調べて大変だというのはネットで観ていたのですが・・・
写真じゃ伝わりにくいかと思いますが、物凄く急なうえに深い砂粒なんですよ><。
ほんと、蟻地獄って感じでしたw
座っていてもズルズル下へズレてしまうのです。。。
落石は驚きました!なかなか見れらるものじゃ無いらしいのでw
よく、落石で大怪我なんてニュースを見ますが、どれだけ凄いのか良くわかりました。

帰りにそのまま病院へ駆け込んで軟膏を頂いて、帰ってすぐに塗ったのですが、
31日に狂犬病の注射へ行った際に、診てもらったらもう治ってましたヽU*´д`*Uノ
抱えたのは15分ぐらいだと思います。。。
私にはハード過ぎる一日でした。・゜・U*ノд`AU・゜・。


>>さん太ママさんへ

34キロを抱っこwこれは足にも腰にも腕にもかなりきましたヽU*´д`*Uノ
軟膏をもらって直ぐに塗ったので、3日ほどで完治しました。
思ったより軽症で安心しています。

伝助は翌日、リオは二日目から普通に戻りました。
でんちゅけは既にボール投げで相変わらず広場を霊園を駆け回っています(爆)
一番筋肉痛で今もイタタタタってなっているのは私だけですね;;

- ルーシーママ - 2013年06月02日 14:48:50

遠くから眺める富士山とは別世界 すごいです!
そして よく歩いたリオ姉さんに感動しました
いぬまるさんも 抱っこお疲れさまでした
伝助兄さんの足も大丈夫ですか?

土曜日から河川敷に散歩に行き始めました~
ライカは まだ見るもの全てが興味津々で落ち着きがないです
まだまだ修行を重ねないと。。。
そのうちお会いできるのを楽しみにしています

コメントありがとう御座いますヾU*・ェ・*Uゝ - いぬまる - 2013年06月02日 22:55:42

>>ルーシーママさんへ

すごいでしょ~^^
火星ってこんなかんじかな~なんて思うんです^^;
リオさんも10歳過ぎて~上りはまだまだ大丈夫そうですが、
下りが最近苦手になって来ている様な気がします。
でも~食欲だけは相変わらず凄いのでw
沢山食べているうちは大丈夫かな~と思っています^^

伝助はちょっと赤くなった程度で軽症でした。
帰った晩から走り回っていましたヽU*´д`*Uノ

筋肉痛なのは飼い主だけです。。。

トラックバック

URL :

訪問者数
プロフィール

いぬまる

Author:いぬまる
愛犬と富士山頂を目指して
悪戦苦闘を綴った冒険の記録
始めての富士山から7年2ヶ月
ゴールデン三代、足跡を繋いで無事に達成する事ができました。
富士山頂への道(総集編)
現在は富士山四大登山道と三度の山頂制覇を目指しています。
最終目標は御中道巡り!途方もない目標ですw

ぼーるアドレナリン全快! 伝助(♂)
14170159940HuzOWOMokJ25x91417015993.gif 2011.12.26生まれ  ブログ「さんQ~なっちゃん!!」宅で、7男3女の長男として生まれる。 2012年4月1日より我が家の家族となりました。 仔犬とは思えない落ち着きと、他犬にも全く臆する事無く接します。 愛称を「でんちゅけ!」神童の呼び名高く!! 故ルークまがいのトイレ天才!! 幼犬時代は元気過ぎて、長く前足を痛めた事もありましたが、 先住犬リオ大先生をお手本に、泳ぎも山登りもグングンリードする逞しい若武者へと成長を遂げ、 生後僅か1年7ヶ月で富士山頂を制覇!全くの疲れ知らずw 朝夕のご飯にもオヤツにも目もくれずボール大好き!命!のレトリーブ犬! 人にも他犬にも全く興味なし!wボール投げの為だけに毎日毎日広場へ向かって飼い主をグイグイグイグイ引っ張って誘います。 まだまだ長い犬生、どんな成長を見せるのか!?とっても楽しみであります。
お子様一番! リオ(♀)
1356597921C1mLd47oKi7m6_M1356597920.gif 2002.10.7-2014.8.24 生後3ヶ月で、福島の幼稚園から里親を数件を渡り、神奈川県まで南下してきたリオ。最初は家も預かるだけのつもりで居た。寂しい旅の経緯を知り、家の子とする事を決意。体は小さいが元気さだけはターボなリオは、先住犬もご近所さんのワンコもグイグイ押しのけて!!シッポ振り振りご飯もオヤツもオモチャも奪う!wボール探しの名手である!!公園や河原の草むらの中へ突然走り出し拾ってくる!飼い主の気配や匂いには敏感で、氷点下の大雪原で無くした車のキーを見つけて主人を救った事もある!!何時まで経っても私ワタシの何でも一番!お子様一番!!でしたが、新参犬伝助を迎えてからは性格が一転!とても面倒見の良いお姉さんへと様変わりをする。泳ぎ方から登山の指導まで、何時も伝助を後ろから温かく見守り、7年2ヶ月を掛けて念願だった富士山頂へと飼い主と伝助を導いた。11歳の老犬となっても道筋の読みで無駄なく歩く様は、もはや立派な登山犬でした。突然の痙攣から闘病生活を戦う事8ヶ月、脳腫瘍によって他界、11歳10ヶ月と17日の生涯を閉じる。最後まで自分でトイレを済ませ鳴き声一つ上げませんでした。最高の相棒であり何時も何処に居ても私を見続けていた。とても可愛い仔であった。
あんぽんたん ルーク(♂)
ゴールデンレトリバー ルーク 画像 2001.8.28-2010.11.2 幼犬時代はトイレ天才!ご近所では珠の様に可愛い仔!美形のルー君!などと呼ばれ「この仔はもしかしたら!とても良い犬かもしれない!」とルークの将来を期待したものです。がっ!見事なアンポンタンに育つwやんちゃな成長期には、床を掘り掘りソファーをビリビリ家具をガジガジ!ぬいぐるみをグルングルン!破壊の限りを尽くし、走り出したら止まらない鉄砲弾でしたが、人に何をされても動じない、他犬とも友好的で面倒見も良い温厚な性格でした。股関節が浅いなど多々乗り越えて、晩年は簡単な言葉や仕草で、主人の言う事を良く理解してくれる。とても扱い安い仔であった。前立腺肥大による膀胱炎から、去勢手術を経て3ヵ月後、血管肉腫により他界、9歳2ヶ月の生涯を閉じる。穴が開いている所があると、何故か吸い込まれるように嵌り、主人に救いを求める面白い奴であった。
ヾU*・ェ・*Uゝ
我が家のワンコ鍋=わんこおじや作りの参考にさせて頂いている本です。1ページ目から引き込まれ、読みやすく解りやすく難しい栄養価計算は不要と、なんだか手作りと言うだけで自分で難しく考え過ぎていた事に気が付きました。身近にある食材で簡単に出来る手作り食です! 余命宣告されても諦めるのはまだ早い!!の見出しに引かれて購入した本です。ルークを失った悲しみから、もっと自分にして上げられる事があったのではないか!?と悔しくて調べまくりました。ガンの栄養となる物を取り除いて、健康を維持しつつ、ガンをやっつける!など、症状に応じて対策や延命の鍵がここに示されています。サジを投げられても、指を咥えて見ている事は出来ない!!最後までして上げられる事があるはず!そんな本です。
健康な毎日は正しい食生活から!と言いますが、実際私もどんなドッグフードが我が子に一番良いのか!?ずっと解らずにいました。犬の体臭はドッグフードを加工した際の脂分だと知り、また酸化したフードの脂分の蓄積が長い時間を掛けて愛犬に悪影響を及ぼす事がある。と諌められ、騙されたと思って二週間だけ始めたのがきっかけでした。通常二週間もシャンプーをしなければ犬臭くなるもの、ところがこのワンフーは2週間1ヶ月経っても体臭が起こりませんでした。愛犬の体に良いなら!月のシャンプー代が1・2回減ると思えば、少々お高いフードでも安心を買うか!そう思って始めたのがこのワンフーです。我が家ではフードの量を少し減らして、その分ワンコ鍋とトッピングして与えています。 ドッグフードワンフーとワンコ鍋
我が家も愛用して10年以上になります。 股関節の器が通常の仔の半分しか無かったルークの器に膜が出来て、正常な状態に近付き股関節形成不全を克服して確信しました。悪い仔は良い方向へ、良い仔は更に良い方向へと、ミニチュアダックスくんや大型犬を中心に売れている商品で、家が購入している問屋さんでもビーピーグルコのグルコサミンは売り切れになる事が多いです。 今は悪くなる前に先手を討って、ごはんにひとサジ混ぜて与えています。
リオと伝助にお揃いの可愛くてカッコいい服は無いかな~とw 探していて偶然見つけた安くてカラフルで丈夫な綿100%服、 「売上金の一部は盲導犬の育成に役立てている」の見出しも気に入り纏めて購入、 実は犬服選びって結構大変w良いのを買っても合わなかったりブカブカだったり汚れて駄目になったり、 これならオヤツ代と同じくらいで惜しくない^^ 家は9号でちょっと小さめ、10号で調度良いかちょっと大きいか位でした。
富士山頂制覇に欠かせなかった肉球の摩耗を防ぐ靴、 犬の靴選びも大変で~せっかく色々買っても合う靴を探すのも履いて歩かせるのも大変、 結局使い捨てでしっかりと機能する物を求めたらこれに行き着きました。 ワンセット12枚入りで3回分履かせる事ができます。 一回1時間~2時間位使えました。 これを履かせて富士山頂へ登った私が言うのだから間違いないと思います。
足の裏毛カットに我が家が使っている部分バリカンです。 もう10年近くゴールデン3代皆このバリカンでカットしていますが、 未だに人気商品なのは!肉球の隙間にスススーッと入っていく使いやすさではないでしょうか、 大きすぎず小さすぎずゴールデンにはピッタリでした。 ゴールデン足の裏毛カット
 我が家で愛用している薬用イヤークリーナーです。 ペットサロンや動物病院などでも使われています。 外耳炎はタレ耳のゴルの宿命と諦めず、 頑張って根気とささやかな努力で克服できます。 もちろん困った時には医者に掛かるのが一番ですが、 動物病院で処方される薬には抗生物質が入っているので 薬が効いている間は大人しくしているだけなのです。 あまりにも速乾性のある治療の場合には、 ステロイドが含まれている危険性もあります。 獣医に良く確認をしてみましょう。

我が家が長年愛用しているシャンプーです。これも色々買いましたwどんな高価な物でも合う合わないがあり、我が家はこれに変えてからはゴールデン3代問題なく安心してシャンプー出来ています^^ フケや肌が荒れやすいワンコにも低刺激なので安心♪更に!あの静電気にも対応!(100%無くなる訳ではない)冬場など乾燥しやすい時期のバリッ!が減ります。リンスインシャンプーなので使い勝手も良し♪パッケージが変わってもずっと使い続けているので、やっぱりこれが我が家には一番なんだと思っています。

我が家が愛用しているピンブラシです。毛の長いゴルは団子になったり根元で絡まりやすいので、それらを解してくれるピンブラシが最適です。抜けやすい時期やシャンプー後などガッツリ取れますw人の手に当てても痛くないし先が丸いので適度な力を加えても犬も痛くないしピンも長いのでしっかりと取れます^^プロ仕様というだけあってブラシに着いた毛も簡単に取れます。どんなブラシが良いのだろう?と思ったらこれをお勧めします^^
   防水、対衝撃と至れり尽くせりのピカピカ、この商品に辿り着く前に幾つ無駄な物を買ったか壊したかw LEDでとっても明るく夜の散歩も安心です。電池は夜1時間くらい使って一ヶ月くらい持ちます。 換えの電池は100円ショップで買えば安く済みまよ!

ハイバウンドボール♪遂に見つけた究極のボール!丈夫で長持ち!水にも浮くし汚れない!軟球は一週間、テニスボールは3日で壊してしまう伝助ですが!このボールはもう一ヶ月以上遊んでいるのに壊れません!テニスボールの様に泥を絡めないので歯の削れる心配も減り、軟球の様に固くないのでぶつけて怪我をする事もなくなりました!ホームセンターなどでは一個140円位で売られています。見付けたら是非試してみてください!
 食べても誤飲しても消化されて便と一緒に出てくるボール♪ 大きさは野球ボールくらいで投げ易く壊れ難い、 「ブーブー」と音が出ます。でんちゅけお気に入りのボールです。 ボールマン!伝助の勧め!
 騙された思って買ってみたら大当たりだったボールランチャー! 昨日まで肩と筋の痛みに耐えながら一生懸命ボールを投げていた自分がアホらしくなりましたw 海外の公園では大人から子供まで皆これを使って投げているそうです。 私が使っているこの商品はMサイズです。公園でお会いするパパさんはLサイズを使っています。 MよりLの方が飛距離で10Mほど違いますが、場所によっては飛びすぎるので注意と慣れが必要です。
Lサイズ(長物)は中国産が1000円、イタリア産が2000円、アメリカ製が3000円とマチマチなようです。 テニスボール位のサイズを投げるのが標準な様ですが少しくらい小さくても大きくても大丈夫です。 ボールを拾う為に屈んだり手を汚さず拾えるのがメリットです。 ボールマン!伝助の勧め!

ブログランキングヾU*・ェ・*Uゝ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログパーツ

月別アーカイブ
ペットランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: