fuji-kengamine-2013-10-7

祈り リオ 一回忌 

リオ 一回忌
49niti2[1]

8月24日、今日はリオの命日です。

 早いもので、、、と思いながらも何故か今はもうずっと前の事の様にも思えます。

今日のこの日まで、私はふとリオの事を思い浮かべる度に、

「去年の今頃は~まだ生きていた」「去年の今頃はこんな事をしていた~」「去年の今頃は・・・」と、

ブログをたまに覗いては、過去の記憶に思い出を捲る様な日が何度も何度もありました。


 去年の8月24日、日付が変ったばかりの深夜2時、リオは脳腫瘍で私の元から旅立っていきました。

そして、今日この日を迎えた深夜2時・・・過去を振り返ってももうリオは旅立ったのだと・・・

胸が熱くなって涙が浮かんできました。。。


 一回忌・・・上手く出来ているものです。

一年を振り返って、改めてもうリオは居ないのだと悟らせる為の法要なのですね。。。


2014年 元旦
20140102175317f2a[1]

 恒例のお正月、誰も居ないパターゴルフ場遊びです。

11歳の誕生日に日本の天辺を制覇するという偉業を成し遂げて登山犬を引退したリオ、

富士山頂制覇から3ヵ月、後は何事も無くのんびりと老後を過ごして、これからは冒険記ではなく、

地方の観光などをしてゆっくりと歩く 「ゴールデン観光記」 にしようなどと考えていました。

1月
2014012220083908e[1]

 1月6日、事件が起こります。

突然の ひきつけ から意識が無くなり30分もの間、リオは生死の境を彷徨いました。

私は人も動物も含め、痙攣なんて目の当たりにしたのは始めての経験だったので、

ただただリオを抱きかかえ、名前を呼んで背中を擦って泣き叫ぶだけでした。


 病院では、血液検査の結果は最高LVの高さで同年代のゴルと比べても驚くべき数値でした。

結果、年齢的ものとショックによる一時的な痙攣だろうとなりました。

腹部にも内出血などの異常も見られませんでした。

ただ、慢性可した外耳炎がかなり悪くなっていることと、高齢なので突然どう変るか解らないので、

しばらくは様子を見ながら定期的に検査をしていきましょう。となりました。


 私はホッとしながらも、1月末に車が完全に壊れたので、内心凄く嫌な予感がありました。

長年、富士山頂制覇の為に古くなっても思い出深くてずっと使っていた。

ルーク生前からの思い出の品々が次々と壊れ始めたていたからです・・・

2月
P3030058[1]

 長年治せなかった外耳炎の悪化の影響もあり、

冬の寒さも重なって、リオは冷たい外気を受けるとよろめく事が増えてきました。

痙攣(てんかん)も2~3週間の間に起こるようになりました。

まずは、目の前の出来る事から解決していかないと原因が解らない状態でした。


 タレ耳のゴルは仕方ない、外耳炎は宿命だと、半ば諦めて曖昧にしていたツケが回ってきたのだと思いました。

以前から考えていてはいたものの、中々実践出来なかった耳掃除の技術を思い出し、

もう面倒だとか、後回しだとか、出来ないとか、言ってはいられないと思い、

今まで以上に、本気になって真剣になって耳掃除の技術に取り込みました。

結果、一時は耳が聞えなくなるほど悪化していた、リオの慢性化した外耳炎を克服する事に成功しました。

名前を呼んで振り向く、そんな当たり前の事に私は涙しました。

「なんだ!やればできたじゃん!」なんで私はここまで真剣に取り組まなかったのだろうと今更酷く反省したものです。


 この技術は、同時に悪化していた伝助の外耳炎も綺麗に直しました。

そして、これ以降我が家の愛犬に外耳炎は無くなりました!耳垂れ知らずです!!

リオの為に頑張った技術が!いまちゃんと伝助の為に生きていますヾU*・ェ・*Uゝ


3月
P2040042[1]

 冷たい外気を受けるとよろめくので、私は耳の保護の為にリオに耳宛をする事を考えました。

結果、これは大当たりで、外へ連れ出す時には耳宛をしていくとよろめきは無くなりました!

色々買いましたw高価な犬専用の物は結局リオは気に入らずw

作業着屋で買った安いネックウォーマーが、リオの耳から頭の鉢までスッポリピッタリでw

一番収まり良くお気に入りになりましたw

 犬も人と同じように、年を取ると体温調整が上手く行かなくなると知って、

冬場は何時も耳宛と服を着せて歩くように気遣っていました。


 外耳炎を克服し、耳宛と洋服、それでもリオの痙攣(てんかん)は治りませんでした。

暖かく、過ごし易い春を、まだかまだかと待ちわびていました。


4月
DSC00028[1]

 待ちわびた春が来ました。

間隔は相変わらず、1~3週間に一度の痙攣(てんかん)はありました。

今後の相談に訪れた病院で、再度検査をしました。

年の初め、完璧を誇っていたリオの血液のある部分に乱れが見られました。

診断の結果・・・脳腫瘍・・・


 実は私も自分で色々と調べていたので薄々は解ってはいたのです。

高齢になってからの痙攣(てんかん)は脳腫瘍の可能性が高いことを・・・

ただ、怖くて認めたくなくて・・・外耳炎の悪化で・・・と、自分の都合の良いように解釈したかっただけなのだと思います。


 脳腫瘍は脳と脳を守る頭蓋骨と膜に覆われているので、他の癌に比べて直ぐに転移したりはしないようですが、

逆に発見も難しく、若く早期発見なら放射線治療などもあるようですが、

外科的手術をしても術後の経過は悪いということでした。


 先生は思い悩んで選択を決めかねている私に幾つか提案をしてくれました。

私はこの先生は好きです。幾つか提案をしてくれるからです。

こんな事もできます。 こんな可能性もあります。 こうしたらどうですか、 じゃ~これはどうですか? と、


 以前ルークが通っていた病院の先生は、

こうです! こうじゃなきゃだめです! こうするべきです! 間違いありません! 

もうこれで1・2年は何事も無く安心でしょう! どうだー! がははは! と高笑いして、

ルークは3ヵ月後に余命1・2週間と言われ・・・2日後に死んだ・・・

しかも、突然押しかけたわけではなく、数ヶ月前から健康診断に通い、その後も毎月通って、

何を見てたんだか調べたんだか解らないがw幾たびに2万3万払っていてだ・・・w


 私は幾つかの提案の中から、こちらからリスクを犯すような選択は避け、

まだ痙攣(てんかん)以外は、食欲もあり元気もあるリオを、

わざわざ頭に穴を空けたり副作用のでる薬を与える事はせず、自然食を中心に食事でより良い方向へ導く道を選んだ。


 抗がん剤は効くかどうか定かではないしやはり副作用がある。

放射線治療は麻酔が必要だし、痙攣(てんかん)は寝ている間にも起こる。

何より、そのまま目覚めない可能性もある。

外科的手術もその後の運動に支障が出る場合が多い、

今元気に歩ける者をわざわざ障害の出るリスクにあわせるのもどうかと・・・


どうやったってどんなに拒んだって命には限りがある。この時の私の選択はこれでした。

何より、食べ物命!趣味食べる事!のリオの食欲を奪う事だけはしたくなかった。


5月
20140518233412b83[1]

 食事で今より良い方向へと導く!をもっとうにw

それまでドッグフードに野菜スープを盛り付けた わんこ鍋 から

100%手作り食の わんこおじや への挑戦が始まりました。

結果!痙攣(てんかん)無し!丸一ヶ月を達成!ヾU*・ェ・*Uゝ

旬の果物や、リオの大好物のメロンもたまに買ってきて、とにかく果物は毎日与えていました。

食べ物命のリオさんは!毎日美味しそうに沢山たくさん食べていました!


 この わんこおじや は、現在も健在で、多少胃腸の弱かった伝助の体内も鍛えられたようで、

これ以来、今日までずっと一度も便が緩くなる事も無く、伝助と共に進化し続けています。


 五月の半ばには、半年振りのプチ登山もしました。

散歩コースを歩く程度のものでしたが、思い出の水が塚公園展望台で富士山を見ました。

あの20分くらいのハイキングが、リオにとって最後の富士山となりました。

DSC00161[1]

 何時か行こう行こうと思っていたワフにも行きました。

リオにとって最初で最後のワフですが、私にとっても思い出深い一日となりました。

リオさんはお芋のケーキを一生懸命食べていました。


 当時、100%手作り食と果物を多くとらせる努力をしていましたが、

一緒に与えていたブドウ糖、あの時は目の前の事で手一杯で、良く解ってはいませんでしたが、

脳腫瘍にブドウ糖は非常に効果があるものだったと思います。


6月
DSC00170[1]

 てんかん には一番辛い時期、気圧の変化の激しい梅雨です。

今思えば、去年の梅雨は今年よりも遥かに天候が激しく変り、雷雨も遥かに多かったと思います。

リオ!今年は雷もほとんど無く、暑い意外は以外と過ごし易かったよ^^;


 雷がなるとリオのまぶたが一緒にパチパチッとなるんです。

苦しそうだったし、体調の変化も激しくなっていったのがこの時期だったと思います。

見ているのがとても辛かった・・・・だけど、自然現象じゃ窓を閉めようが何しようがどうしようもなかった・・・


 肥満気味だったリオの体には、脂肪腫といわれる小さな塊が胸や背中、そして足などに幾つかありました。

そのうちの一つ、左のアバラにあった小さな塊が突如大きくなりはじめました。

それはピンポン玉を半分にしたのをくっ付けた位の大きさになったと思ったら、

僅か数日でアッというまに私の手の平に納まるほどの大きさになって・・・


 これも後で調べて知ったのですが、悪さをしないというだけで、脂肪腫は癌だったんですね・・・

それは弱り始めて免疫力の下がったリオの血から栄養を吸って大きくなり始めました。

線維肉腫・・・ 脳腫瘍との二重苦になった・・・

私は先生に「小さいうちに取っておけば・・・」と言いましたが、

先生は、私に優しく「そんなことないよ」と言ってくれました。


 実際、どれが陰性でどれが陽性なんて、全部取ってみなければ解らないのだし、

出来る度に取っていたら・・・リオはしょっちゅう手術台に上がらなければならなかった。。。

肥満は私の甘さが一番の原因なのだから・・・ 今更後悔したって遅いんだ・・・


 リオの肥満への甘さは、現在伝助の成長期としてしっかり体重管理に役立っています。


7月
20140713224006b66[1]

 梅雨の激しい気圧の変化と雷にすっかり気力と体力を削られた感があります。

この頃のリオは、ほとんど家の周りを一周するだけのシッコとウン○をするだけの散歩となりました。

階段を上り下りするのも辛そうだったので、私は毎日抱きかかえて上り下りしていました。


 不思議なのは、この年の私の仕事場は何時も自宅の周辺で、車で10分15分の場所ばかりでした。

なので毎日昼休みやちょっと移動の合間や時間の空いた時に簡単に帰宅してリオのお世話を出来ていた事でした。


 ほんと、今考えると不思議、上手くはいえませんが、リオが旅立ってから良く思うのですが、

リオの為に!と頑張っていたつもりが、私が守られていたのでは?と思う事が多々あります。


 家は、家の中でトイレをする事を教えては居なかったので、リオは何時もずっと我慢をしていました。

ルークの件があったので、伝助には今でも家でトイレを用意して、したい時に出来るようにしているのですが、

リオはそのトイレを使う事はありませんでした。


 もともと水を沢山飲む仔だったのですが、体調の悪化も伴い、ますます水をガブガブ飲むようになっていましたが、

それでも私がトイレへ連れ出すと物凄い量のシッコを毎日我慢していた訳ですが、

小さい頃、良く布団に粗相して私にキツク叱られていたのがトラウマだったのか、ずっと我慢している仔でした。


 7月の初め、どうしても私の帰宅を待てず、リビングに粗相をしてしまうのですが、私は当然怒りませんでした。

リオの頭を撫でて、床を吹きながら「いいんだよー起こってないよー」と言いました。

そして、伝助のトイレへ連れて行き、「ここでしていいよ!ここでしてね!」

「リオが家でトイレをしてくれるとパパ助かる!」と言いました。

するとその日からリオは家でトイレをするようになりました!

ちょっとしたくなると、リオは何度も何度も行きました!

「私がヨーシよーし!」と褒めると、とても嬉しそうな顔をしていたのが今でも記憶に鮮明に残っています。


 7月半ば、2・3日リオの体調がとても良い日が続いて、16日に久し振りに二人で公園へ散歩に行ったのが最後になりました。

私はまだまだリオを放さないぞ!と思っていたので、思い付いてはリードを買ったりハーネスを新しくしたり、

服を買ったりしていました。


8月
20140815151108638[1]

 外へ出る事はトイレのみとなりました。

私が抱きかかえ、家の前へ降ろし、リオはその場で屈んでシッコwそして2・3歩歩いてウン○して帰る!だけになりました。


 食欲も段々無くなっていきました。食べ物命!のリオがご飯を残すのを私は悲しく見ていました。

そんな中、7月のシッコに続き、リオは8月に入るとウン○も家のトイレでするようになりました。

当時は解りませんでしたが、今思うと余命僅かな愛犬の、それでも飼い主の手を煩わせまいと、

自分で出来る最大限の努力をして私に応えてくれていたのだと思います。


 私はリオの為に出来ること!を考えてそればかりでした。

リオはそんな私に自分の出来る最大限で生きる努力をしてくれていたのだと思います。

余命僅かで・・・歩くのもやっとで・・・それでもトイレを覚えて応える学習力・・・いあ、主人愛だろうか・・・


 リオが旅立つ9日前、私の前の飼い主、園長先生に11年ぶりに再会させる事が出来た。

もう最後のステロイドも使っていた。元気になんとか自分の足で歩いて園長先生に再会する事ができた。


私はこの時心の中で 「パパがリオにして上げたかった事は全て出来た。」

「パパと居る事より、生きる事が苦しいと思ったら、もう我慢しなくて良いからな」 と言ってしまった。

12歳の誕生日を目標に頑張ってきたけど、私はもうそれで良いと思った。


それ以降、リオは何処に居ようが誰が来ようが、ずっと私の事を見つめているようになった。

まるで、眼に焼き付けるかのように・・・


最後の夜
20140827152748bc8[1]

 8月23日

もはや てんかん を起こすほどの気力も無くなっていた。

朝は自分でトイレまでヨロヨロ歩いてシッコをした。

夕方は私が抱きかかえてトイレへ下ろすとその場でチョコンと屈んで私の足に寄り掛かるようにシッコをした。

そしてそのままその場へ倒れた・・・「はぁーはぁー」言いながら悲しそうに私を見つめていた。

私はリオを抱きかかえて「家族なんだから迷惑掛けたっていいじゃないか!」

「みんな年取るんだ!年取ったら仕方ないんだ!みんなそうなんだ!リオだけじゃないんだ!」と言った。

リオは少し笑ったような・・・それでも済まなそうな顔をしていた・・・


 夜、ガンプママが差し入れのお肉を買い込んでお見舞いに来てくれた。

「リオー!」とガンプママが玄関から呼ぶと・・・

私は「もうリオは歩けないから、呼んでも起き上げれないよ^^;」と言うと・・・奇跡は起きた!

リオは寝床から立ち上がってヨロヨロと歩き出した。


 倒れそうなリオを支えて私はリオを寝床へ戻した。

ガンプママがキッチンでお肉を茹でていた。

私はリオはもう食べないだろうなと思っていたが、ママが差し出すお肉を一生懸命食べていた。

「なんだ~リオまだ元気じゃん!大丈夫そうじゃん!」

ガンプママはそう言って帰っていった。


これで、リオにとって主要な人物との再会は全て果たしたことになる。



その4時間後、明けて8月24日 午前2時、リオは静かに11歳10ヶ月17日の生涯を閉じました。



沢山の思い出を有難うリオ!
20140815151102d6e[1]

 一回忌、一年を振り返って、去年の今頃は~確かにリオは生きていた!と思っていた事が、

記事を書きながら、深夜2時を回ったときに、どーんと胸に重く圧し掛かってきました。

もう振り返ってもリオは居ない、今日確かにリオは過去の思い出になった。


 悔いは無い、やりきった、と言っても、後から振り返ればやはり後悔ばっかり悔いばかり、

もっと出来たこと・・・あったはず!と・・・


 
リオと叶えられなかったたった一つの目標。 12歳の称号は! パパは伝助と叶えて見せるよ!
 


祈り
20140824032530fd4[1]

 リオさんは今頃何をして何処を歩いているでしょうか? もう生まれ変わってどこかにいるのでしょうか?

2011011121073128a[1]

 どんな姿でも、どんな形でもいい、生まれた先で幸せでいるならば・・・

パパは何時も願っています。天国のリオさんの幸せを、生まれ変わった何処かのリオの幸福を。


 どんな姿でも、どんな形でもいい、私の祈りが、かつてリオと呼んだ仔の幸せに繋がるならば、


もし、そうでなかったのなら、どんな姿でも、どんな形でもいい、私の元へ返してください、


                                    今日のいまの気持ちです。   いぬまる。





にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

雲のお山 と 空の海  リオ 四十九日

10月11日 リオ 四十九日
49niti2.jpg

 早いもので~今日はリオの四十九日になりました。 リオの仏前にはこの写真を選びました。

ルークを失って、初めてリオと私で訪れた富士山の水ヶ塚公園の写真です。

この年に子宮蓄膿症を乗り越え、決意を新たに麓の須山浅間神社から、富士山頂を目指す冒険が始まりました。

 この後、数年を掛けて、リオと飼い主の冒険に新参犬伝助も加わり、

双子山~宝永山~そして富士山頂制覇へと、ここから見える景色全部を登りきる事となるお気に入りの写真です。

リオには、富士の景色と赤い服が良く似合いますヾU*^ェ^*Uゝ

でんちゅけ2014-10-7 019

 今ではちょっと窮屈そうにwルークと一緒に並んで私を見つめています。

49-1 (1)

 8月24日、午前2時、リオは私の元から旅立ちました。そして直ぐに28日のルークの誕生日がやってきました。

食いしん坊で元気一杯だったリオが11歳10ヶ月と17日で他界して、

ルークが生きていれば13歳・・・「それはなかったか^^;あははw」なんて、やっと思えるようになりました。

49-2 (2)

 10月7日、リオ12歳の誕生日、この調度一年前、11歳の誕生日に念願だった富士山頂制覇を達成しました!

この時は、リオなら12歳なんて通過点だ!13歳14歳も普通にやってくる!なんて思うほどの勇姿でした!

49-2 (1)

  今思えば、近所の散歩も面倒くさそうにw

双子山も宝永山もなんだかそろそろ限界か?と思わせるような歩きだったのでw

最後の挑戦と解っていて、頑張ったんだろうか?頑張っちゃったのか?往復13時間の戦いに私達は無事に生還した。

49niti1.jpg

 新年を迎えて、今年も元気に一年を過ごすつもりでいた。 しかし6日に事件は起きた。突然の ひきつけ である。

経過や過程は色々あったけど、もしもあの時起こっていなかったら、

もっと悪くなってから気付いて慌てていたかもしれない、そう6月に起こった重い てんかん あたりで・・・

49-1 (2)

 脳腫瘍と解って、通常なら半年くらいと言われていたので、あれから約9ヶ月近く戦った事になる。

その間に長年治せなかった外耳炎も綺麗に克服した。良いと言われる事、思った事、なんでも試した。

100%手作り食にも挑戦したし、美味しい物、珍しいもの、大好きなメロンや果物、

食べ物命!のリオは毎日沢山食べた!食べさせてやる事ができた!!

2014-8-15 044

 12歳の誕生日のサプライズに!と考えていた。元飼い主の園長先生にも他界する9日前に会わせる事ができた!

この時リオは、ちゃんとトイレを教えて外へ行くのだが、

仔犬だった頃のリオは、そこらじゅうにシッコをしてしまっていたらしくw

きっと「ちゃんとシッコ出来るよう~~」と先生に教えたかったのかな^^;

2014-8-15 025

 そして、私と過ごした11年間の冒険の報告をしました。

リオの旅立ち2014.8.24 055

 最後の夜、お肉を沢山買い込んで、ガンプママもお見舞いに来てくれた。

そもそもガンプママの弟さんが「捨てられそうなラブラドールの子犬が居るぅぅぅ」と言って連れて来たのが11年前w

これで、リオにとって主要な人物との再会は全て果たした事になる。大好きなお肉も沢山食べた。

リオの旅立ち2014.8.24 058

 明けて深夜2時、リオは静かに旅立った。

脳腫瘍だと、最後は5分おきに ひきつけ や痙攣を繰り返すとか、性格が急変して凶暴になってしまうとか、

狂ったように吠えたり鳴いたりするだとか、事前に調べて色々知っていただけに、

最後まで鳴き声一つ、鼻一つ「ピー」とも鳴かずに旅立ったリオ、

リオは最後まで体を伏せて頭を上げていたので、私はきっとまた持ち直すだろうと思い背中を擦っていた。

49-4.jpg

 5月、リオが旅立つ3ヶ月前、富士山水ヶ塚公園の展望台へ登った。

これがリオにとって最後の富士山となるわけだが、この登山の一部始終を動画に収める事が出来た事が、

私にとって何よりの宝となりました。

49-5.jpg

 7月16日、これが私と共に公園まで歩いた最後の散歩となりました。

この後ほぼ家の周りを小さく一周する程度の散歩から、8月に入ると家の前だけでトイレを済ませるだけの散歩となって、

未熟な飼い主は、実際どれほど弱っているのか?解ってはいませんでした。

ただ、食欲が落ち始めたあたりで、初めてそろそろやばいのかな?程度に考えていました。


 リオの旅立つ2日前病院へ行くのですが、最後のスペシャル薬を一週間分望む私に先生は3日分と言いました。

じゃ~と言って間をとって5日分貰って帰ることになるのですが・・・先生は解っていたんですね・・・


 私は先生に感謝しています。

リオを失って悲しい気持ちに変りはないけれど、後悔を残す事が無いくらい接する事ができたし、

沢山してあげる事が出来たからです。

何より、一番心配していたこと、あまり苦しまずに綺麗に旅立たせる事ができたからです。

園長先生との再会を終えてから、12歳の誕生日よりも、ずっとその事だけが私の心に引っかかっていました。

49-7.jpg

 今日、四十九日は、リオはこれまでの犬生を振り返り、自分が他界した事を理解して天国へ旅立って行く日です。

自分が居なくなった後の、私と伝助の暮らしはリオの目にどう映っているでしょう?

園長先生の自宅も解ったし、こっそり挨拶に伺ったりしていたのでしょうか?^^;


 お前の事、パパはどれだけ解っていてやれたでしょうか?

言葉に出来ない分、本当に言いたい事、伝えたかった事、理解して欲しかった事、沢山たくさんあったで事でしょう。


 パパはあれから何日も、思い出のアルバムを開くように、ブログを見つめ直していました。

それでもルークの記事を見ると、今でも後悔と悔しさの念で胸が一杯になって悲しくなります。


 リオを見送って悲しいけど、そんな気持ちにならないのは、きっと本当にやりきったから!

良く食べ 良く甘え 良く遊び 良く冒険をした。 

                      そして共に最後まで出来る限りの事をして戦った。


49-8.jpg

 ルークの時は旅立ってからも心配で心配で仕方がなかったけど、リオにはそんな心配は全くしていません、

今頃ルークに会えたでしょうか?思い出話しに花を咲かせているでしょうか?自慢話が沢山あるな!

ドジなルークの先導は頼りないかな?wあいつは直ぐに穴に嵌るしなヽU*´д`*Uノ

大丈夫!

リオなら!リオさんなら!!

雲のお山も 空の海も 上手に渡って行けるさ!

49-6.jpg

11年6ヶ月を共に生きてくれてありがとうヾU*^ェ^*Uゝ

リオは!最高の相棒で!最愛の娘ちゃんでした!

   
                                         10月11日 アホなパパより、

ー おまけ ー








にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

別れ 最後の抱っこ

別れ
2014-8-26 リオの旅立ち 012

 リオの葬儀は25日の16時から行われる事となりました。

ルークを見送った 橘ペット霊園 でお願いする事にしました。

新参犬 伝助 も立ち会わせたいと申し出て、なるべく涼しい時間として夕方にさせてもらいました。

2014-8-26 リオの旅立ち 005

 昨夜は、私の母親や叔父などもお見舞いに訪れてくれましたが、

残念ながら悲しい御通夜の対面となってしまいました。

 リオが歩けなくなったら、介護に名乗り出てくれていたので、お願いをするつもりでしたが、

結局リオはそれを望まなかったのでしょう。

また小柄で腰に持病のある母は、大きくて重いリオと伝助のパワーに圧倒されて、

自分に介護は無理だったと話して、それを見た私も、やっぱり無理だったかな~と思いました^^;

2014-8-26 リオの旅立ち 010

 お見舞いのメロン・・・残念だったなw だから・・・せめて匂いだけでもなっ!!


最後の抱っこ2014-8-26 リオの旅立ち 013

 今日は朝から伝助と、花屋へ歩いて30分、リオさんに供える為に行ってきました。

黒い帽子は、パパの物で、リオとの冒険をずっと共に歩いてきた思い出の品です。

ヒヅメは・・・私は置いた覚えはないのだが・・・??伝助だろうか???^^;


 さ~お別れの時間です。

私は冷たくなったリオを抱え上げ、最後の抱っこで階段を下り車へ乗せます。

随分・・・軽くなっちまったな・・・


PM15:49 橘ペット霊園 
2014-8-26 リオの旅立ち 019

 なんか・・・ルークの時とは全然違うな!

あの時は、何も出来なくて、頭の中真っ白のままで、あっという間に居なくなっちまって、

あとから後から悔しくて悔しくて、ただただ目の前の現実を受け止める事も理解する事も出来ずに泣くだけだった。


 でも、今度は違う!

リオとパパは、長く共に戦ったんだ!互いが互いの為!上手く利用したり支え合ったりして!!

出来ること、出来ない事を見極めて、負けると解っていた戦いだったけど、なんとか負けない様に頑張ってきた!!

人様から預かった命を、責任を、運命を受け入れて理解する時間もあった。


 だからあんまり悲しくは無かった。もちろん寂しいけど、命には限りがある。

その限りある時間の中で、私達に出来る事を精一杯頑張って、なるべく後悔しないように生きた。

2014-8-26 リオの旅立ち 016

 さぁ お別れだ。

私はリオの為に祈りました。


「元気一杯のリオが今度生まれ変わって来るときは、

 暖かい家庭の中で、一緒に遊んでくれる子供がたくさん居て、

 毎日しっかり散歩に連れて行ってくれる堅実なお父さんがいて、

 毎日一緒に居てくれるお母さんのいるようなお家に生まれておいで、

 もちろん!家族の話題の中心は何時だってリオで^^」


 愛するリオには 次の犬生では そんな幸せを 切に願います。


 え?パパのところかい? ん~・・・今のところはもう新しい仔を迎えようなんて気は全く無いなぁw

でもまぁ~将来また何か切っ掛けがあって、犬を飼う事があって、冒険をしたいのなら家へおいでw

リオなら~リオさんなら!パパは何時だって大歓迎だから!ヾU*・ェ・*Uゝ

2014-8-26 リオの旅立ち 020

 たくさん沢山お祈りをして、リオは焼却炉へ移されました。

パパの帽子・・・そしてその服はお前が持っていきなさい、

僅かな思い出と、園長先生の匂いも少なからず着いているはずだから・・・

家に飾っておいても仕方ないし、犬友さんの善意で、お前の為に作っていただいたんだから、

天国まで持っていきなさい・・・ じゃ~なリオ ・・・ さよう~なら・・・リオ   またな・・・


私がリオに最後にかけた言葉は 「またな」 であった。。。


火が入りました。。。


それまで張り詰めていた力が一気に体から抜けていきました。

2014-8-26 リオの旅立ち 022

 伝助を連れて、私は煙突から上がる煙を見つめていました。

もうこれで、私がリオの為にしてやれることはないんだな~と思うと、目頭が熱くなってどうにも涙が止まりませんでした。


 リオの煙はモクモクと・・・空の雲へと溶け込んで行きました。

ルークとは何もかも全く正反対の犬生だったなぁ~同じ目標を持って同じ場所で同じ物を食べて生きていたというのに。


 ルークの時代には2時間掛かった火葬も、4年近く過ぎた現代では、1時間10分ほどで済むそうです。

2014-8-26 リオの旅立ち 024

 待っている間、でんちゅけは!このなんだか怪しい霊園を探索w

そうそう!リオと伝助の鼻のツムジ!!舌の斑点は伝助だけかと思っていたら!!!

実は!リオさんにもあったんです!!それは!最後の危篤の最中!!

舌の根元の奥の方~~に!!大きいのがあるのを発見したんです!!!∑⊂*゜д゜*⊃!!

リオと伝助は~仲も良かったけど~共通点も多かったんだな^^;あはははw
 
2014-8-26 リオの旅立ち 027

 火葬が終わり、リオは帰ってきました。

驚いたのはリオの骨の量!ルークの時はもう薬臭くて骨もあんまり残らなかったけど、

リオの骨はまるで標本の様に綺麗に残っていました∑⊂*゜д゜*⊃!!

葬儀屋さんも「なんの病気で亡くなられたんですか?」と驚いていましたヽU*´д`*Uノ

もう骨を拾ってたら骨壷に最後の頭が入らなくてどうしよう~ってなってました^^;


 きっと骨が強かったから~最後まで歩けたんだね~とか、高齢でも富士山登れたんだね~とか、

どう見ても体の小さいリオが!ずっと伝助と同じ体重だったなんて可笑しいと思った!とかwそんな話をしていました。


 最後に、私はルークに始めて神頼みをしました。

「ルーク、リオがそっちへ行ったぞ、また騒がしくなるかもしれないけれど、リオの事、宜しく頼むな!」 と・・・


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

リオの旅立ち  最後2時間のカレンダーメモ

さあ!バトンタッチだ!
2014-8-13 017

8月24日  リオの旅立ち

 ガンプママのお見舞いを見送って、疲れと溜まった疲労からか寝てしまった飼い主。

日時は周り24日の午前0時40分、寝床を変える為に這って移動するリオのガサゴソの音で目覚めた。


同時に伝助の夜の散歩も忘れていたので、伝助もワサワサと起き出して自分の出番はまだかとウロウロし始める。


 まず、リオを抱きかかえてトイレ部屋へ連れて行き、下ろすとその場でシッコを済ませた。

また抱きかかえ寝床へ下ろした午前1時、突然リオは「ウッ・・ウッ・・・ウッ・・・」となって吐き気を示す。

2回ほど「ウエ~~」となるがゲップのようなものだけで吐きはしなかった。


 そのまま横向きに寝たリオの目は遠のいて呼吸がとても荒くなった。

体の向きを変えながら・・・リオはその場でポロリとウンコをした。意識は無い様である。

私はいよいよだと思い伝助を呼んだ。


AM1:30

 意識が繋がり目に輝きが戻る。

と同時に仰向けになり、私にお腹を擦るように手招いて催促してくる。

私はお腹を擦りながら、リオは嬉しそうに体をくねらせて笑っていた。

私はリオが仰向けになって手招くなんて本当に久し振りだったので、

ブラシを持ってきて撫でながら、時にはブラッシングも一緒に混ぜならが腹部を綺麗にしてあげました。


AM1:50


 そんなリオが突然うつ伏せになり、寝床から這って何時も寝ていた板の床の場所へ移動を始めました。

そこでうつ伏せのまま丸くなって「ブハッ!ブハッ!」と呼吸が荒くなったので近づいて背中を擦りました。

眼はもう半開きで、手を翳しても瞬きもしませんでした。ただ荒く呼吸をしているだけで意識はありませんでした。
 

 鼻から鼻水のような緑色の液体がじんわりと垂れてきていました。

私は色々調べていたので、脳腫瘍であれば末期はそうなると知っていました。


 脳腫瘍から癌はもう内臓へ転移していました。

線維腫瘍からは肺へ転移していました。

先日抱っこした時に「コホッ・・コホッ」と咽たので、ルークの経験もあり私には解りました。


 最後のスペシャル薬が痛みを和らげてくれている今なら・・・

意識の無い今なら・・・リオは苦しまずに旅立てる。。。


私は「痩せたなぁ~背骨もアバラも肩もガリガリじゃないか・・・」と言いながら背中を擦っていました。


体の震えも小刻みになって、呼吸も段々小さくなって・・・「フッ」といった瞬間!リオの動きは止まりました。。。


リオの旅立ち2014.8.24 058

24日 午前2時 リオ 永眠 

 11年と10ヶ月17日の生涯でした。

なんか、頑張っただけちゃんと答えてくれた素晴らしい最高の相棒でした!

家の事情も良く理解していたので、ちゃんとそれに対応しようと自分で頑張った部分も多かったのでしょう。


 とにかく、飼い主の負担になる事を嫌がった仔だったので、

水が飲みたいだろうと近づけると、それを押しのけて自分で水場まで這って行こうとするくらい勝気な仔でした。


 苦しみ出したら与えるようにと渡されていた痛み止めの薬は結局使いませんでした。

リオは最後まで鳴き声一つ、鼻一つ「ピー」とも鳴きませんでした。

飼い主の望んでいた通り、外傷も無く綺麗に苦しみもせず旅立って行きました。


 体を綺麗に拭いてやって、ブラッシングもして、服も着せて、本来何時も寝ていた場所へ布団を敷いて、

リオをそこへ寝かせてやりました。長くゆっくりとした戦いは終わりました。


「さ~伝助の散歩へいくぞ!ルークが死んだ時もパパはリオの散歩へちゃんと行ったろ?」

「後で沢山泣いてやる!!」 そう言って私は、伝助と深夜の散歩へ向かいました。


にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

さようなら リオ

愛してくださったみなさん ありがとうございました。
御殿庭 画像 リオ

8月24日 深夜2時頃 リオは旅立ちました。

リオの旅立ち2014.8.24 056

これが、生前の最後の写真となりました。

昨晩はお肉の茹でたのを沢山食べていました。

最後まで自分でトイレをしていました。

リオの旅立ち2014.8.24 058

先生に処方していただいたお薬のお陰もあり、

ほとんど苦しみませんでした。

お腹を擦れ擦れと手招いて静かに旅立ちました。


今は悲しみで一杯です。

長らくご心配と応援の程有難うございました。

簡単なご報告だけという形ですが、最後までしっかりと、しっとりと見送ってやりたいと思います。


                        2014.8.24 AM3.38 いぬまる

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村



NEXT≫
訪問者数
プロフィール

いぬまる

Author:いぬまる
愛犬と富士山頂を目指して
悪戦苦闘を綴った冒険の記録
始めての富士山から7年2ヶ月
ゴールデン三代、足跡を繋いで無事に達成する事ができました。
富士山頂への道(総集編)
現在は富士山四大登山道と三度の山頂制覇を目指しています。
最終目標は御中道巡り!途方もない目標ですw

ぼーるアドレナリン全快! 伝助(♂)
14170159940HuzOWOMokJ25x91417015993.gif 2011.12.26生まれ  ブログ「さんQ~なっちゃん!!」宅で、7男3女の長男として生まれる。 2012年4月1日より我が家の家族となりました。 仔犬とは思えない落ち着きと、他犬にも全く臆する事無く接します。 愛称を「でんちゅけ!」神童の呼び名高く!! 故ルークまがいのトイレ天才!! 幼犬時代は元気過ぎて、長く前足を痛めた事もありましたが、 先住犬リオ大先生をお手本に、泳ぎも山登りもグングンリードする逞しい若武者へと成長を遂げ、 生後僅か1年7ヶ月で富士山頂を制覇!全くの疲れ知らずw 朝夕のご飯にもオヤツにも目もくれずボール大好き!命!のレトリーブ犬! 人にも他犬にも全く興味なし!wボール投げの為だけに毎日毎日広場へ向かって飼い主をグイグイグイグイ引っ張って誘います。 まだまだ長い犬生、どんな成長を見せるのか!?とっても楽しみであります。
お子様一番! リオ(♀)
1356597921C1mLd47oKi7m6_M1356597920.gif 2002.10.7-2014.8.24 生後3ヶ月で、福島の幼稚園から里親を数件を渡り、神奈川県まで南下してきたリオ。最初は家も預かるだけのつもりで居た。寂しい旅の経緯を知り、家の子とする事を決意。体は小さいが元気さだけはターボなリオは、先住犬もご近所さんのワンコもグイグイ押しのけて!!シッポ振り振りご飯もオヤツもオモチャも奪う!wボール探しの名手である!!公園や河原の草むらの中へ突然走り出し拾ってくる!飼い主の気配や匂いには敏感で、氷点下の大雪原で無くした車のキーを見つけて主人を救った事もある!!何時まで経っても私ワタシの何でも一番!お子様一番!!でしたが、新参犬伝助を迎えてからは性格が一転!とても面倒見の良いお姉さんへと様変わりをする。泳ぎ方から登山の指導まで、何時も伝助を後ろから温かく見守り、7年2ヶ月を掛けて念願だった富士山頂へと飼い主と伝助を導いた。11歳の老犬となっても道筋の読みで無駄なく歩く様は、もはや立派な登山犬でした。突然の痙攣から闘病生活を戦う事8ヶ月、脳腫瘍によって他界、11歳10ヶ月と17日の生涯を閉じる。最後まで自分でトイレを済ませ鳴き声一つ上げませんでした。最高の相棒であり何時も何処に居ても私を見続けていた。とても可愛い仔であった。
あんぽんたん ルーク(♂)
ゴールデンレトリバー ルーク 画像 2001.8.28-2010.11.2 幼犬時代はトイレ天才!ご近所では珠の様に可愛い仔!美形のルー君!などと呼ばれ「この仔はもしかしたら!とても良い犬かもしれない!」とルークの将来を期待したものです。がっ!見事なアンポンタンに育つwやんちゃな成長期には、床を掘り掘りソファーをビリビリ家具をガジガジ!ぬいぐるみをグルングルン!破壊の限りを尽くし、走り出したら止まらない鉄砲弾でしたが、人に何をされても動じない、他犬とも友好的で面倒見も良い温厚な性格でした。股関節が浅いなど多々乗り越えて、晩年は簡単な言葉や仕草で、主人の言う事を良く理解してくれる。とても扱い安い仔であった。前立腺肥大による膀胱炎から、去勢手術を経て3ヵ月後、血管肉腫により他界、9歳2ヶ月の生涯を閉じる。穴が開いている所があると、何故か吸い込まれるように嵌り、主人に救いを求める面白い奴であった。
ヾU*・ェ・*Uゝ
我が家のワンコ鍋=わんこおじや作りの参考にさせて頂いている本です。1ページ目から引き込まれ、読みやすく解りやすく難しい栄養価計算は不要と、なんだか手作りと言うだけで自分で難しく考え過ぎていた事に気が付きました。身近にある食材で簡単に出来る手作り食です! 余命宣告されても諦めるのはまだ早い!!の見出しに引かれて購入した本です。ルークを失った悲しみから、もっと自分にして上げられる事があったのではないか!?と悔しくて調べまくりました。ガンの栄養となる物を取り除いて、健康を維持しつつ、ガンをやっつける!など、症状に応じて対策や延命の鍵がここに示されています。サジを投げられても、指を咥えて見ている事は出来ない!!最後までして上げられる事があるはず!そんな本です。
健康な毎日は正しい食生活から!と言いますが、実際私もどんなドッグフードが我が子に一番良いのか!?ずっと解らずにいました。犬の体臭はドッグフードを加工した際の脂分だと知り、また酸化したフードの脂分の蓄積が長い時間を掛けて愛犬に悪影響を及ぼす事がある。と諌められ、騙されたと思って二週間だけ始めたのがきっかけでした。通常二週間もシャンプーをしなければ犬臭くなるもの、ところがこのワンフーは2週間1ヶ月経っても体臭が起こりませんでした。愛犬の体に良いなら!月のシャンプー代が1・2回減ると思えば、少々お高いフードでも安心を買うか!そう思って始めたのがこのワンフーです。我が家ではフードの量を少し減らして、その分ワンコ鍋とトッピングして与えています。 ドッグフードワンフーとワンコ鍋
我が家も愛用して10年以上になります。 股関節の器が通常の仔の半分しか無かったルークの器に膜が出来て、正常な状態に近付き股関節形成不全を克服して確信しました。悪い仔は良い方向へ、良い仔は更に良い方向へと、ミニチュアダックスくんや大型犬を中心に売れている商品で、家が購入している問屋さんでもビーピーグルコのグルコサミンは売り切れになる事が多いです。 今は悪くなる前に先手を討って、ごはんにひとサジ混ぜて与えています。
リオと伝助にお揃いの可愛くてカッコいい服は無いかな~とw 探していて偶然見つけた安くてカラフルで丈夫な綿100%服、 「売上金の一部は盲導犬の育成に役立てている」の見出しも気に入り纏めて購入、 実は犬服選びって結構大変w良いのを買っても合わなかったりブカブカだったり汚れて駄目になったり、 これならオヤツ代と同じくらいで惜しくない^^ 家は9号でちょっと小さめ、10号で調度良いかちょっと大きいか位でした。
富士山頂制覇に欠かせなかった肉球の摩耗を防ぐ靴、 犬の靴選びも大変で~せっかく色々買っても合う靴を探すのも履いて歩かせるのも大変、 結局使い捨てでしっかりと機能する物を求めたらこれに行き着きました。 ワンセット12枚入りで3回分履かせる事ができます。 一回1時間~2時間位使えました。 これを履かせて富士山頂へ登った私が言うのだから間違いないと思います。
足の裏毛カットに我が家が使っている部分バリカンです。 もう10年近くゴールデン3代皆このバリカンでカットしていますが、 未だに人気商品なのは!肉球の隙間にスススーッと入っていく使いやすさではないでしょうか、 大きすぎず小さすぎずゴールデンにはピッタリでした。 ゴールデン足の裏毛カット
 我が家で愛用している薬用イヤークリーナーです。 ペットサロンや動物病院などでも使われています。 外耳炎はタレ耳のゴルの宿命と諦めず、 頑張って根気とささやかな努力で克服できます。 もちろん困った時には医者に掛かるのが一番ですが、 動物病院で処方される薬には抗生物質が入っているので 薬が効いている間は大人しくしているだけなのです。 あまりにも速乾性のある治療の場合には、 ステロイドが含まれている危険性もあります。 獣医に良く確認をしてみましょう。

我が家が長年愛用しているシャンプーです。これも色々買いましたwどんな高価な物でも合う合わないがあり、我が家はこれに変えてからはゴールデン3代問題なく安心してシャンプー出来ています^^ フケや肌が荒れやすいワンコにも低刺激なので安心♪更に!あの静電気にも対応!(100%無くなる訳ではない)冬場など乾燥しやすい時期のバリッ!が減ります。リンスインシャンプーなので使い勝手も良し♪パッケージが変わってもずっと使い続けているので、やっぱりこれが我が家には一番なんだと思っています。

我が家が愛用しているピンブラシです。毛の長いゴルは団子になったり根元で絡まりやすいので、それらを解してくれるピンブラシが最適です。抜けやすい時期やシャンプー後などガッツリ取れますw人の手に当てても痛くないし先が丸いので適度な力を加えても犬も痛くないしピンも長いのでしっかりと取れます^^プロ仕様というだけあってブラシに着いた毛も簡単に取れます。どんなブラシが良いのだろう?と思ったらこれをお勧めします^^
   防水、対衝撃と至れり尽くせりのピカピカ、この商品に辿り着く前に幾つ無駄な物を買ったか壊したかw LEDでとっても明るく夜の散歩も安心です。電池は夜1時間くらい使って一ヶ月くらい持ちます。 換えの電池は100円ショップで買えば安く済みまよ!

ハイバウンドボール♪遂に見つけた究極のボール!丈夫で長持ち!水にも浮くし汚れない!軟球は一週間、テニスボールは3日で壊してしまう伝助ですが!このボールはもう一ヶ月以上遊んでいるのに壊れません!テニスボールの様に泥を絡めないので歯の削れる心配も減り、軟球の様に固くないのでぶつけて怪我をする事もなくなりました!ホームセンターなどでは一個140円位で売られています。見付けたら是非試してみてください!
 食べても誤飲しても消化されて便と一緒に出てくるボール♪ 大きさは野球ボールくらいで投げ易く壊れ難い、 「ブーブー」と音が出ます。でんちゅけお気に入りのボールです。 ボールマン!伝助の勧め!
 騙された思って買ってみたら大当たりだったボールランチャー! 昨日まで肩と筋の痛みに耐えながら一生懸命ボールを投げていた自分がアホらしくなりましたw 海外の公園では大人から子供まで皆これを使って投げているそうです。 私が使っているこの商品はMサイズです。公園でお会いするパパさんはLサイズを使っています。 MよりLの方が飛距離で10Mほど違いますが、場所によっては飛びすぎるので注意と慣れが必要です。
Lサイズ(長物)は中国産が1000円、イタリア産が2000円、アメリカ製が3000円とマチマチなようです。 テニスボール位のサイズを投げるのが標準な様ですが少しくらい小さくても大きくても大丈夫です。 ボールを拾う為に屈んだり手を汚さず拾えるのがメリットです。 ボールマン!伝助の勧め!

ブログランキングヾU*・ェ・*Uゝ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログパーツ

月別アーカイブ
ペットランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: